« マニラ・オーシャン・パーク | トップページ

2013/04/11

デザート・ワリーム?

フィリピンには様々な日本食レストランがあるが、その名も"Tokyo Tokyo"(東京・東京)もその一つ。"Takuyaki"(タクヤキ)を初めとする多くの同業者が、ほぼ「ばったもん」の領域を突き進んでいる中で、ここは可もなく不可もなく。以前は白身フライ弁当が大好きで足繁く通っていたが、長年のフィリピン生活がたたったのか、エビアレルギー、白身魚アレルギー(不思議に日本に帰ると治っている)になってしまい、しばらく足が遠のいていた。

今日、約5年ぶりに足を運んでみたTokyo Tokyoは、コンボ(Combo)と呼ばれるラーメンと餃子のセットが美味。ラーメンも、Spycy ChikenとMisono(当地ではなぜか味噌のことをこう呼ぶ傾向がある)の両方が、追加で頼んだSalmon Domburi(サーモン丼)のライスについつい汁かけをして仕上げてしまうほど、いい味だった。ちなみに、このサーモン丼は、何かかまぼこを揚げたようなB級なトッピングで、大したことはなかった。

笑えたのはプリンのようなデザート。コーヒーとグリーンティー、マンゴーの3種類の味があって35ペソ。味は良く、SMに行った際には、食事はしなくともこのスイーツだけ買って帰ってもいいかなと思えるほどの一品なのだが、ラベルに書かれているのは"Creamy Desserts"(デザート・ワリーム)。明らかに「クリーム」が「ワリーム」になってしまっている。商品としての仕上がりがまずまずなだけに、ネタか?とさえ思えるほどのおマヌさ。日本人責任者、出てこい!とツッコミを入れたくなるほどのオチだ。

思えば、Teriyaki Boy(太った少年)では「うどん」が「らどん」に(温泉か?)、最近、バギオにもキャンプ・ジョン・ヘイに出店を果たしたSumo Samでも「にくうどん」が「にきうどん」になっており、何かとゆるいというか、詰めの甘い、フィリピンの日本食チェーンだ。この「デザート・ワリーム」も、中途半端な日本語を使うことで、何か、日本に対して実は微妙な嫌がらせをしようとしているかのような、密かな仕掛けなのかもしれないが、「デザート・ワリーム」という響きがどこまでも憎めないのもまた、妙にフィリピンらしく思えるのだ。

.


表面はミルクムース、下半分は抹茶ムースの優れもの。

.


左がコーヒー、右がマンゴー。甘すぎず、まろやかな味が楽しめる。

.

|

« マニラ・オーシャン・パーク | トップページ

コメント

こんばんは。

外国人デザイナーがカナ文字を使う場合、おそらく、カナの五十音表を見ながら描いていると思います。

五十音表で、形が似ていて見つかり易い文字を「あっ、これだ!」と採用するのでしょう。

そういうわけで、表の中心に近い文字より周辺に配置されてる文字が見つけ易いのでしょう。

「う」よりも「ら」、「クよりも「ワ」を、五十音表の中で先に見つけたのでしょう。

また、フィリピン人なら普段、左から右に文字を読む習慣があるので、表の左の方から探すでしょう。五十音表の左の方にある文字ほど見つかり易いと思います。

そんなこと考えましたけど・・・

投稿: タマ | 2013/04/15 17:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/57151774

この記事へのトラックバック一覧です: デザート・ワリーム?:

« マニラ・オーシャン・パーク | トップページ