« PhD Program in Baguio (5) | トップページ | 台風一過、とはいかないようで »

2010/10/15

アップグレード

コンピューター時代になってすっかりおなじみになった外来語の一つに「アップグレード」があるだろうか。それ以前にも車など、オプションが自由に選べる商品には使われていたかもしれない。メモリーやソフトのバージョンをアップグレードするというのは、とっくに日常会話の一部だ。

アメリカの人気テレビドラマ『フレンズ』の第2シーズンで、フィービーのおばあちゃんが電話帳のアップグレードをしているシーンがある。同シーズンの第2エピソードで、「今日は獣医に連れて行かなきゃ」とフィービーが言っていたおばあちゃんだ。電話帳が改訂されたわけではない。新聞の訃報欄をチェックして、電話帳の名前を消しているのだ。「○○さん、行っちゃった(英語では"Gone!")」というわけだ。

先日、仕事で、あるシニア(老人)会館に行く機会があった。シニア会館を借りて300名の若者たちを集めるという企画にも笑ってしまったが、それだけではなかった。そこでまさにアップグレードな掲示板を目にするところとなったのだ。見ると、「お亡くなりになった会員」(Deceased Member)とあり、名前と亡くなった日付、バランガイ名が記されている。

最新が371番というのは数年間の通算だろうか。年間にしては多すぎる。こんなことを無邪気に貼り出してしまえるのも、どうせとっとと良いところ(天国)に行っちゃったんだし、と割り切ってしまえる「キリスト教国」ならではのことなのだろうか。日本なら「謹んでご冥福を」云々、微妙に薄いインクで神妙に書かれているところが、オレンジの台紙にマジックとホワイトで、高校の文化祭のポスターばりに書かれているのも明るい。きっと、名前の間違いも多いはずだ。享年などの表示が無いのは、そもそも生年月日がわからない人が多いからかもしれない。

ところで、私が務めている大学院ではそのキリスト教の指導者を養成している。牧師とか聖書学校教師とか宣教師とか、そういう類の職種だ。プロテスタントなので神父は養成していない。こういうところにも「自分をアップグレードするために来ました」と言うお客さんが来る。

確かにがんばって修了すれば学位が「アップグレード」するわけなので正しい言い方なのだが、こういう学生さんに限って言葉が一人歩きし、何か自分が一つ偉くなっていくかのように勘違いする輩も出てくる。ひとえに教師たちの指導不足なのだろうが、こういう学校だからこそ、「実るほど、頭の垂るる稲穂かな」の和の精神が息づいて欲しいものだ。それも聖書はちゃんと教えているからだ。もっとも、「おごりの春」なまでに活きのいい初心を忘れてダウングレードしちまう学生さんにも困ってしまう。

天国に行っちゃったおじいちゃん、おばあちゃんはいまや、アップだのダウンだの、地上のくだらないものから解放され、楽しく過ごしてくれていればいいんだけど。カトリックだったらやっぱり「煉獄」という、ちょっとヤなところに行っちゃってるのだろうか。案外、300名の若者たちの元気な様子に、「地上の暮らしのほうが楽しかった」などとぼやきながら、神様に「アップグレード」を直訴しているおじいちゃんもいるかもしれない。

 

Img_1754
300名の若者が集まったシニア会館。奥行きは広く、350-400名は入れる。

 

Img_1755
これがそれ。それでもフィリピンの手書きにしてはきれいな字体で書かれている
のは、やはり亡くなった方々に敬意を表してのことなのかもしれない。ホワイトの
跡に「アイソス! スィゲ、スィゲ……」という声が聞こえてくる。

  

|

« PhD Program in Baguio (5) | トップページ | 台風一過、とはいかないようで »

コメント

「アイソス! スィゲ、スィゲ……」がツボにはまり、仕事中にくすくす笑ってしまいました!

 義母が老人会の役員をやっていて、会計係だったようなのですが、亡くなった後は30代の息子(私にとっては義弟)が跡をついで会計係やってます、老人会の。
 老人会の人事は結構適当みたいです。

投稿: みささび | 2010/10/15 16:00

無神論者と豪語していた人でも、亡くなると、どどのつまりいずれかの宗教の葬られ方するんですよね・・・
野垂れ死にでは倫理観を持ち出す。
日本では尚更、無神論者だろうが仏式で意味わからん名前つけられて、線香臭くされる。
アフリカではライオンの棺桶に入れて担がれるらしいです。


過去にこんな話してたら、無神論者の方に
「私は死んだら土へ還る」って。。。
それ聖書に書いてますけどー!ってなったことありました。

投稿: まっちゃん | 2010/10/16 04:06

りけるけさん、ご無沙汰しております。
奥さまの古い友人、琵琶湖の畔にすむJ子です。

とても読みごたえのある素敵なブログですね。
狭いT社村?に住む私には新鮮な内容が多く、楽しく読ませていただいてます。
これからもちょくちょく訪問いたしますね。
奥さまにもよろしくお伝えくださいませ♪

投稿: J子 | 2010/10/19 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/49686810

この記事へのトラックバック一覧です: アップグレード:

« PhD Program in Baguio (5) | トップページ | 台風一過、とはいかないようで »