« 台風一過、とはいかないようで | トップページ | ゴールドタウンはネタの町 »

2010/10/28

飲めよ、病めよ、壁を満たせ

フィリピンで家を建てるのは大変だ。それこそ家族の誰かがどこかに出稼ぎでもしていれば豪邸を建てられる可能性が出てくるが、比較的安定していると言われる公立学校の教師でさえ、定年退職しても新居の柱が数本立っていればいいのだがとうそぶく。

山村部に行けば、なるほど木材は、合法・違法を問わず調達しやすいが、それも木材止まり。現金購入の形で調達しなければならない部分になると、たちまち工程が行き詰まる。

ベンゲット州北東部で泊めてもらった家の話。台所に行くと、子どもの粉ミルクや栄養飲料、薬の空き箱が、壁一面に積み上げてあった。日本ならば、どうだろう、左官屋さんの仕事はよくわからないが、おそらく壁板を貼って上からしっくいなどでも塗るところだろうか。ちょうどその空間を埋めるような積み上げ方だ。内装に使う金が無くての廃材利用の一手法なのだろうか。

住人に聞いても、当を得た答えは返ってこない。おそらく、最初は遊びのつもりで始めたのが、ここまで面が埋まってしまうと、止めるに止められないというところなのだろう。無表情な木材の風景がいいか、カラフルながら雑然とした風景がいいかは、見る人の好みが分かれるところだ。

文化を構成する要素の中には審美感も含まれる。これを美しいと思い、この空間の中で心が落ち着くというのも、それはそれで文化の一つの表情だ。壁が一通り埋まるほどに箱が揃えば、今度はモザイク画にでも挑戦してみたいものだ。

 

Img_1150
日本人ならやはり地味に木目を味わいたいところだろうか。あなたはどちら派?

 

Img_1151
寄ってみるとそこはフィリピン、かなり雑。これって実は防音のため
なのだろうか? いや、これだとかえって、音は箱の中の空気で共鳴する
はずだ。ということは……?

 

 

|

« 台風一過、とはいかないようで | トップページ | ゴールドタウンはネタの町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/49873231

この記事へのトラックバック一覧です: 飲めよ、病めよ、壁を満たせ:

« 台風一過、とはいかないようで | トップページ | ゴールドタウンはネタの町 »