« アップグレード | トップページ | 飲めよ、病めよ、壁を満たせ »

2010/10/19

台風一過、とはいかないようで

ルソン島北部を東から西へ横断している台風13号(国際名:Megi)は、予報通り、昨夜から早朝にかけて南シナ海に抜けたようだが、現在、海上で急激に速度を弱め、実に時速3kmという、人が歩くのとほぼ同じ速度で進路を少しずつ北に向けている模様。

しかも、秒速15mの強風域は依然としてルソン島ほぼ全域を覆っているうえに、引きずってきた雨雲がかなり多く、これがあたかも13号の子供のように引き続き、大雨を降らせている。まだ数日は続きそうだ。

バギオ全市は停電なのだろうか。私のいる大学院のキャンパス内は、幸いにして発電機が動いており、とりあえずはこのようにネットにも接続できている。バギオ市なのかベンゲット州なのか、あるいは北ルソン全体でなのかは不明だが、既に何家族かが家を失っている模様だが、人命が失われたというニュースは入っていない。ただ、ケノン・ロードをはじめ、いくつかの幹線道路は閉鎖されているとのこと。引き続き、注意が必要だ。気象庁の台風情報ページはこちら。地元の新聞"Sun Star Baguio"のサイトはこちら

 

Img_2090
バギオ市の中で一番高い場所の一つである私たちの学校のキャンパスも、
このようにすっぽり嵐の雲に覆われ、霧で真っ白にかすんでいる。

 

Img_2091
雨粒も大きく、時折、暴風にあおられて、横から叩きつけるような雨になる。

 

Img_1899
そういうわけで、お口直しに、先日、SMバギオのデッキから撮った夕焼けを。

 

Img_1898
ただし、全く同じ時間に少し左の角度を見ると、このように曇り空。
山はバギオ市西端のサント・トーマス山系。中腹の雲はグリーンバレー。
西海岸からの温められた空気が上昇、一気に冷めて雲になったものが流れ込む。
山の上にいるということは、天候だけでなく、夕焼けの表情も大きく変える。

 

|

« アップグレード | トップページ | 飲めよ、病めよ、壁を満たせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/49786993

この記事へのトラックバック一覧です: 台風一過、とはいかないようで:

« アップグレード | トップページ | 飲めよ、病めよ、壁を満たせ »