« PhD Program in Baguio (4) | トップページ | アップグレード »

2010/09/18

PhD Program in Baguio (5)

いよいよ教習が終わり、陸運局での試験だ。聞くと、A1-DrivingのSMバギオ校では、免許取得の支援はバギオではなくパンガスィナン州ウルダニータ(Urganeta, Pangasinan)の陸運局でするのだという。なんでも、バギオの陸運局は自分で車を持ち込まなければならないうえに厳しいのだそうだ。

かくしてウルダニータに乗り込むことになった。A1での免許取得の支援は週1回、木曜日ということ、また、早めに手続きをしてその日のうちに終わらせられるように朝8時きっかりには来るようにということで、前日からホテルに泊まることにした。

当日はA1の教官が健康診断、薬物・アルコール検査、願書の提出までを手伝ってくださった。最初に陸運局の責任ある方への目通しがあったので、そういう信頼関係が既に存在しているのかもしれない。書類の処理にかなり時間がかかったが、そうこうしているうちに写真の撮影とサインの登録(いずれもコンピューター上に)も進み、交通法規の講義と筆記試験、実技試験は午後からということになった。それにしても、片言でもイロカノ語を話す日本人受験生というのは物珍しいようだ。お決まりの山下財宝や子供の作り方講義(うちは一人っ子なので)などのネタで、あちこちでいぢられてしまった。

交通法規の講義は、この陸運局の最高責任者自らによるものだったが、全てタガログ語でよくわからなかった。すし詰めの部屋ではそのまま筆記試験が始まり、これは希望すれば英語の試験ももらえた。50問ほどで全て三択形式になっている。タガログ語での講義で少しわかった部分がそのまま出ていたりしたので、ちゃんと理解していれば受かる試験になっているようだ。日本人としてはこの英語が理解できるかが大きいだろうが、A1からは懇切丁寧な教本(英語:400ペソ)が出ているので、こちらを熟読していれば問題は無いだろう。

実技試験は、建前上は、門から出て、2ブロックほど行って左折、その後も左折を繰り返して一周というコースが講義室の壁に掲示してあったが、この日は、というか、いつもなのか、2つある門の一つから出てそのまま右にメインストリートに合流、15mほどとことこ走り、右手にあるもう一つの門から入るという、ものの1分も走るか走らないかというものだった。左折(フィリピンは右側通行なので、日本とは逆に、初心者には左折が難しい)も無ければ車線変更も無く、停止も無ければギアチェンジすらない。拍子抜けとはこのことを言う。エンスト3回で自動的に失格と言われていたが、エンストしたくてもする場所が無いほどだ。以前、フィリピンの実技試験は前に転がし、後ろに転がし、それでだめなら500ペソ札を見せると聞いたことがあったが、後ろに転がすことすらなかった。

それでも、私のA1での教習の2時間目のような、心もとない受験生も何人もいたし、多くの受験生は、戻ってきて降りる時に、ニュートラルに入れないままにクラッチを緩めてしまい、そこでエンストしていた。車を降りて払ったお金の領収書は、陸運局のものではなく、なんと地元の自動車学校のものだったので、車だけ、借り賃を払ったのか、下手すると実技試験も外注しているのかもしれない。そして、受験生の誰も、落ちた様子は無かった。なんとも緊張感の無い、フィリピンらしい試験風景だ。

かくして試験は修了。しばらく待って、その日のうちに晴れて免許証がもらえるところとなった。教本には、当日は領収書だけもらえて、数週間後に免許証が交付されるということだったので、これももしかするとA1の信頼のおかげというか、最初のエライさんへのお目通りの時点で、既に発行が始まっていたのかもしれない。

聞けば、A1からの教習生として一緒に受験したご婦人は、なんと7時間の教習しか受けていないという。A1の教習車の横に「5時間で教育されたドライバーになろう」とあるが、それを地で行くような作戦だ。うらやましい気もしたが、自分としては30+5時間のフルコースで教習を受けたことが、良い思い出にもなり、貴重な財産にもなっている。日本の教習課程の学科約30時間が欠落している部分は、日本から持ってきた市販の運転教本や参考書、インターネットのいろいろな掲示板を読み漁って補ってきたつもりだ。修了したが終わりはないPhD(Driving in the Philippines)。家族だけでなく、仕事で他人も乗せることになるので、今後も、努力を重ね、安全で技術のあるドライバーを目指していくつもりだ。早朝のアンブックラオ・ロードの下り、コップに水を張ってタホの配達をするのが良いかもしれない。

追記:
ちなみに、実技試験を終えて車を降りてくると、今度はヘルメットを渡され、バイクの免許は一緒につけないのかと言われた。バイクについては何も知らないし興味も無いのでいらないと言った。ところが、一緒にいたご婦人は、私とずっと一緒にいてバイクの実技試験を受けた気配は無かったのに、受け取った免許証はバイクも乗れるものとなっていた。どうやら、実技で乗らなくても試験料として車200ペソ+バイク50ペソを払えばよかったらしい。バイクには本当に興味が無いので後悔はしていないが、最後の最後にあらためてフィリピン的風景を見た気がした。

あと、「健康診断」は色盲検査のみだった。あ、結婚しているか聞かれたのが聴力検査だったのか? でも、あれなら聴力ではなく英語の聴き取りの試験だ。私は軽い近視で、眼鏡をかけたほうがいいクチなのだが、視力検査は無く、私の免許証にも当然、眼鏡着用の欄にチェックは入っていない。バギオの陸運局で路上教習許可証をもらった際には、他の人たちが視力検査を受け、必要に応じて眼鏡を購入しているのを見ているので、やはりこれはウルダニータならではの現象なのかもしれない。いや、あの時も、たまたま私の友人が、だれか政治家さんの特別なキャンペーンで眼鏡の安売りに来ていたっけ。ということは、バギオで視力検査をしていたのもあの時だけだったのだろうか……。ええ、ちゃんと眼鏡は着けますよ、私が運転する時には。

 

Img_1715
幸いにして当日もらえた免許証。本来は手前の領収書を数週間は
免許証代わりに持ち歩くことになるはずだ。

 

|

« PhD Program in Baguio (4) | トップページ | アップグレード »

コメント

日本人の感覚からいくとフィリピンむちゃくちゃやー(笑)
安全重視と商業主義を両立している日本では考えられませんね!
健康診断の質!!!

投稿: まっちゃん | 2010/10/16 04:29

始めまして大変勉強になりました。長期でそちらの方へ滞在をと考えておる者です 日本の運転免許をそちらの免許に書き換えられるとの噂を聞きましたが準備すべき書類など解れば幸いです。

投稿: hori | 2013/04/21 13:17

まっちゃん、

すみません。長期にわたって、いただいていたコメントを見過ごしていました。そうなんです、恐るべし健康診断の質。日本は厳しいかもしれませんが、その分、すごいですよ。例外はあるでしょうが、あれだけ均質な運転文化を築けるのは、日本人の一般的な、質へのこだわりと、この場合は良い意味での横並び志向なんでしょうね。

投稿: りけるけ | 2014/05/06 15:55

hori さん、

すみません。長期にわたって、いただいたコメントに気づかないままいました。ご質問の件、おそらくググればいくらでも情報は出てくると思います。日本を出る前に、免許の内容などを翻訳して在日フィリピン大使館・領事館で公証文書に認定してもらっておく必要があったかどうか、とにかく、私はこちらで直接、こちらのものを取得しましたので不確かですみません。

投稿: りけるけ | 2014/05/06 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/49484623

この記事へのトラックバック一覧です: PhD Program in Baguio (5):

« PhD Program in Baguio (4) | トップページ | アップグレード »