« PhD Program in Baguio (3) | トップページ | バス、3題 »

2010/06/04

「つわもの」どもが夢の後……

北ルソンのある村で、面白いものを見せてもらった。既に各氏のブログでは紹介されているものと思うが、今年の総選挙で初めて導入されたという機械投票の練習用シートだ。私たちの世代には、共通一次試験(現・大学入試センター試験)というか、それに向けての早期トレーニングとしての、進研ゼミ(旧・福武書店、現・ベネッセ・コーポレーション)の毎月のマークシート課題が懐かしく思い出される。

地方の村にまでこのようなものが配布されていたということは、選挙管理委員会のそれなりのやる気を感じさせるものではある。候補者の一覧表も兼ねている。このシート、下の写真ではプライバシーに配慮して写していないが、1枚1枚に有権者の名前が印刷してあるという手の込んだ代物。ところが、そこは形から入って何事も徹底することのないフィリピンのこと - 大人は、ひとしきり候補者の話で盛り上がった後に飽きたのだろう - 気がつくと、子どもたちが束を握って追いかけっこの奪い合いっこをしている。鉛筆やボールペンを手に、几帳面にマークの練習をする者など皆無なのだ。

「スィゲ、スィゲ」 - 見ただけでわかった気になるフィリピン人……。それでいて、本番ではそれなりにこなしてしまうわけだから、あながちネタにしてばかりもいられない。相変わらずいろいろともめてはいるようだが、全国一斉の停電や軍隊による政権掌握など、事前の様々な憶測を楽しみつつも、まずは平和裏に、一大イベントは収束しつつあるようだ。

 

閑話休題。選挙運動中には、かのサミュエル・ダングワ氏に、在比10年半にして初めてお会いした。ベンゲット州選出の下院議員で、バギオ市-ベンゲット州の住人なら誰もが知っているダングワ企業グループの総帥であり、ダングワ・ターミナルその他の実質的なオーナーのはず。今回は、ベンゲット州知事に立候補なさっていた。私たちのグループの教会の主要な行事に合流しての選挙運動ということで、忍耐の限りを尽くしてくださっていたのだろうが、こんな若造の聖書からの説教に、うとうとすることもなく(失敬)、通訳込みで40分も耳を傾けてくださったのだから、頭が下がった。

もちろん、公(おおやけ)の立場としては、教会の行事なのだからそこはご理解いただかないと困りますし、先生ほどの方がいらしたからといってこちらも一番メインの説教の時間を削ることはできませんよ、というわけだが、私(わたくし)の立場としては、時折、深くうなづきながら聞いてくださっている姿に、この方が多くの人々の信頼を集める方であるわけをかいま見た気がした。残念ながら、当選はかなわなかったようだが、お歳を考えると、そろそろ後進にお譲りになってもいい頃なのかもしれない。

 

「夏草やつわものどもが夢の跡」 - 原義の「兵(つわもの)」であれ、同音異義語の「強者(つわもの)」であれ、そういう輩も多いと言われる「強欲者」であれ、戦いは終わった。かの練習用の投票用紙も、各地で雨に打たれ、朽ち果てていることだろう。フィリピンも、日本も、新しい政治の日々が始まる。「取もの手につかず」は古の旅人だけで十分だ。真に国と社会を「漂白」してくださる人々が待たれる。

 

Img_1067
レターヘッド。選挙管理委員会(COMELEC)による公式なものだ。
裏面を手前に折り込んでいる側に、実は有権者の名前が印刷されている。
まさにレアものの「マイ練習シート」なのに、そのありがたみを理解している
人は皆無だった。日本なら、3部コピーをとって永久保存する人もありそう。

 

Img_1063
大統領候補から順番に候補者の名前が並んでいる。裏もびっしりだ。

 

Img_1065
今となっては当確とされるアキノ候補の名前も見える。
"NOYNOY"のように、愛称が併記されているのはフィリピンならではだ。

 

|

« PhD Program in Baguio (3) | トップページ | バス、3題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/48542172

この記事へのトラックバック一覧です: 「つわもの」どもが夢の後……:

« PhD Program in Baguio (3) | トップページ | バス、3題 »