« ひっくり返せばいいってもんじゃ…… | トップページ | PhD Program in Baguio (1) »

2010/05/30

雨期の始まり - 別の戦い

今日も午後は大雨……。夜になった今もまた、ひどい雨が降り続いている。いよいよ、今年も雨期の始まりのようだ。夕方に雨が降り始めるのがやがて午後になり、午前になり、ついには一日中になり、雨が降っていなくても一日中、真っ白な霧(雲)の中というのが、標高1500mのバギオの雨期だ。これに台風となれば、横から下から暴風雨が吹き荒れる。これがまた11月まで続くかと思うと憂鬱になる。

去年の台風17号(ペペン)のような土砂災害が起こらないことを願うばかりだが、雨期の終わった11月以降も、閉鎖された幹線道路が応急的に通れるようになっただけの復旧作業しかされていない。このような現状では、ちょっとした豪雨でもすぐにまた地滑りに襲われることは十分に想像ができる。一昨日も、バギオ市のある場所では既に、地滑りで埋まった家があったそうだ。幸い、生き埋めになった人々はすぐに掘り出されて助かったようだが、先が思いやられる。

 

生死にかかわる被害でなくとも、これからはまた湿気との戦いの季節になる。我が家のようにとかく本が多いと、カビ対策もさることながら、湿気を吸って膨らむ紙との戦いにもなる。雑誌類は特に、そういう種類の紙を使っているのか、膨張率が高いようだ。

こちらも要領がわかってきて、読み捨てごめんのものにはビニールのブックカバーなどかけなくなったが、傷んでだめになったが最後、買い直すことのできない高価で貴重な学会誌などは、やはりカバーをかけておきたい。いきおい、少し目を離すと、醜くプクプクに膨らんでしまうことになる。除湿器も何台も稼働させてはいるが、それも電気代がかさむ。結局、マニラなどの低地とは違ってエアコン代が全く不要な分、除湿器に不要なコストを持って行かれているのかもしれない。

どこに行っても、理想的な住みかなど無いものなのだろう。

 

Img_1164
湿気で無残に「プクプク」になった雑誌たち。最近は、すぐにカバーを
かけることはせず、一定期間、気候に馴らせてからにしているが、それでも
紙というのは正直なものだ。

 

Img_1163
あらかじめ「膨らみしろ」を取るわけにもいかないし、これらの管理は難しい。

 

|

« ひっくり返せばいいってもんじゃ…… | トップページ | PhD Program in Baguio (1) »

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書 | 2014/05/06 15:24

履歴書 さん、

コメント、ありがとうございました。最近はすっかりさぼってしまっていますが、励まされます。また、新しい記事を書いてみますね。今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: りけるけ | 2014/05/06 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/48499397

この記事へのトラックバック一覧です: 雨期の始まり - 別の戦い:

« ひっくり返せばいいってもんじゃ…… | トップページ | PhD Program in Baguio (1) »