« フィリピン現地新聞の電子版 | トップページ | バギオの雲の壁 »

2009/12/01

超群皇帝牛麺湯

しばらく重い話題が続いてしまっているので、少しヤワいネタを。タイトルを見てこちらにいらした方はかなりのフィリピン通と言えるかもしれない。ご存じ、在比日本人の間では「チャウキング」ないし「チョーキン」と呼ばれるフィリピン発の中華系ファストフードチェーンの「超群」が9月に売り出したビーフラーメン(Emperor's Beef Noodle Soup)だ。

こちらのネタに取り上げようと思いつつ、台風の被害ばかり取り上げていてすっかり遅れてしまった。もう既に味わってみられた方がほとんどかもしれない。看板が、(少し角度が悪いが)下の一番上の写真のように、器を切るとローストビーフになっているという「そそる」ものなのだが、実際に出てくるのはさほど大したものではない。

確かにビーフは、悪名高いフィリピンの牛肉にしてはヤワいほうで、旨味もかすかにある。だが、せっかくの旨味が、きつい中華風のスパイスのためにかき消されているような気がする。スープは水臭く、麺もコシが無くヤワい。一度試してみればそれで十分な代物だ。私としては、マニラでしか味わえないジョリビーのラ・パス・バッチョイのほうがよほど味にキレがあって好みだ。皆さんはどうだろうか。

 

007
見た目はなかなかにそそる看板。

 

008
見た感じも悪くはないが、約80ペソの価格は、総合点からすれば割高だ。

 

009
スープが水臭く、麺も少量でのびているが、よく考えると、
台湾のラーメンがちょうどこんな感じなので、中華的には
デフォルトで合格点の味なのかもしれない。

 

|

« フィリピン現地新聞の電子版 | トップページ | バギオの雲の壁 »

コメント

器がプラスチックで、色の濃いスープのせいか、安いインスタントラーメンと何が違うのだろう?という感じがしました。

香港のスーパーでは、中国メーカー・台湾メーカー・韓国メーカーの中国大陸製のインスタントラーメン、日本メーカー・香港地元メーカーのインスタントラーメン+うどんが並んでいます。

ローカルなお店では、インドネシア製・タイ製のちょっと小ぶりなラーメンを買うことができます。

そんな香港のインスタントラーメン事情、また、特色ある生麺のお店がそこらじゅうにある情況と比べるとフィリピンの中華風ヌードルは、ちょっと高級なスナックといった感じなのでしょうかね。

投稿: HKJ | 2009/12/01 18:06

フィリピンの麺類は、価格と味のバランスを考えた場合、とてもお買い得だと思ってます。
リケルケさんは厳しいですね。
ミイラのカバヤンって、バギオから近いのでは?
「カバヤン・マミー」の名前で、骸骨の絵入りのチキン・ヌードルを売り出して「むらおこし」なんてどうでしょう。
ほんなもん気持ち悪くて食えない!って?
私もそう思います。

投稿: タマ | 2009/12/11 06:17

HKJ さん

お返事が遅くなりました。

| そんな香港のインスタントラーメン事情、ま
| た、特色ある生麺のお店がそこらじゅうにあ
| ある情況と比べるとフィリピンの中華風ヌー
| ドルは、ちょっと高級なスナックといった感
| じなのでしょうかね。

いやあ、麺の本場のような中華系文化に比べれば、フィリピンの麺事情など、あらゆる冠婚葬祭に顔を出すビーフンを除けば、実に貧相なものです。なにせ、おやつも米菓子が中心の米・米マーケットですからね。

ただ、最近は少し事情も変わりつつあります。次のタマさんへのコメントをご覧ください。

投稿: りけるけ | 2009/12/19 16:27

タマ さん

お返事が遅れました。

| フィリピンの麺類は、価格と味のバランスを
| 考えた場合、とてもお買い得だと思ってます。
| リケルケさんは厳しいですね。

いえ、私もそれはわかります。だからこそ、このジョリビーのヌードルはあこぎなものに見えるんですよね。

1袋5ペソ程度からあるインスタント乾麺や10数ペソからのカップ麺はなかなかいけますよね。私が一番好きなのは、夕方になると道端の屋台で食べられる12ペソほど、ゆで卵を入れても18ペソのちょっとした麺です。

これは、醤油、カラマンシー、ナンプラー、チリ酢、豚脂、屋台によってはチリ干しエビが入れ放題、スープも何度も継ぎ足してくれるというもので、もっぱらバギオでは大人気の品目となっています。私も、これはそこここの屋台を食べ歩くほど気に入っています。これは安くてそこそこうまい。

チャウキンは最近、おかず2品のセットメニューを3種類、80ペソほどで売り出していますが、これが誇大広告もいいところ。こういう商売をしていると先は無いでしょうね。

| ミイラのカバヤンって、バギオから近いので
| は?

カバヤンは、バギオからバスで3時間ほどでしょうか。所属教団の教会が無いこともあり、まだ足を運んだことはありません。ただ、「カバヤン・マミー」は、ガイコツのデザインによっては売れそうな気もしますけどね。

投稿: りけるけ | 2009/12/19 16:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/46909045

この記事へのトラックバック一覧です: 超群皇帝牛麺湯:

« フィリピン現地新聞の電子版 | トップページ | バギオの雲の壁 »