« 北ルソンからメリークリスマス! | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします »

2009/12/30

イゴロット族の伝統的英語観

先日、マクドの件でぶつぶつこぼしていたが、コルディリエラ山地に広がるイゴロット族は一般に、伝統的に英語を重視する傾向にある。「傾向にある」と言っていいのか、「あった」とすべきなのかは、もはや混沌としてわからないが、少なくとも伝統的な好みは、一に(カンカナウィ語、イバロイ語、カラゴヤ語、イフガオ語、ボントック語その他)各部族語、二に地方共通語としてのイロカノ語、三に英語というものだった。

これはとりわけ、私の感じる限り、マウンテン・プロビンス州のイゴロット族に強い傾向で、彼ら自身の説明によれば、これはタガログ語に代表される低地の人々に対する根強い反感に基づいている。というのも、以前は、低地から観光に来た人々が、同州の人々をあからさまに猿扱いする光景が頻繁に見られたというのだ。「おい、しっぽはどこに隠しているんだ?」「どの木に住んでるんだ?」ということを面と向かって言われたものだというのだ。

これがどこまで一般的な現象だったのかはわからない。こういった差別的な、屈辱的体験というものは、往々にして誇張され、急速に広く伝播して、あたかも部族の個々人が一度は必ずそういうことを言われたかのように、心理的に追体験され、共有されていく。

実際のところ、そのような差別的な言動に走るのは、低地の人々でもごく一部の者たちだろうし、単に英語を話すからといって、外国人観光客にそのような差別的な見方をしない者が無いとも言えない。コルディリエラ山地で英語よりタガログ語が強いというのも、そういった部族的な体験や感情とは別に、全国的に施行されるようになったタガログ語重点教育が、単に僻地に相当する山地の町村では、教師の確保や手配の困難さから実施が遅れただけということも考えられる。

しかし、ここでは、そういった差別的なエピソードが、彼らが英語を好む理由とされているのが興味深い。あるいは、これは、環境的にタガログ語を十分に学び切れないことの劣等感の裏返しに過ぎないのかもしれない。まさに言語が個人や集団のアイデンティティーと深く関わっていることのゆえんだ。

昨今では、技術的・経済的発展に伴い、僻地の山村でも、電気はもちろん、テレビのある家庭が増えている。地上波チャンネルの主要言語はタガログ語だ。また、道路が整備され、人的交流・言語交流が促進されている。僻地の山村でも、学校教育の影響で、子供がタガログ語で遊ぶのを見たとてことさら驚かされることも無くなった。イゴロット族の言語観は、今後、大きく変わっていくことだろう。

写真は、バギオ市から約1時間ほど、ベンゲット州の山村の小学校の壁に描かれていたもの。ある年の卒業制作か何かだろうか。英語が世界でいっそう幅を利かせるようになっている傍ら、フィリピンの言語事情はむしろ逆のベクトルに動いている。そこに共通の善悪好悪の判断など存在し得ないのは言うまでもない。ただ、今後、このような言葉を無邪気に言えた「古き良き時代」が懐かしまれるものとなっていくことだけは確かだ。

 

Img_0011_2
「英語を話せば、全世界が手に入る」
それでも、伝統的な衣装で語られるとまだまだ微笑ましいものだ。

 

blog_ranking_banner.png ブログランキング【ブログの惑星】 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
(クリックで応援していただけると励まされます)

|

« 北ルソンからメリークリスマス! | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします »

コメント

りけるけさん、
時々お邪魔してます。

前々から気になっているのですが、
イゴロットという呼称ですが、私の日本語の生徒から
元々はイゴロットという言葉は山岳民族に対する蔑称
だったので、公式には コーディリエランと呼ぶように
議会でも決定されたと聞きました。

ただ一方で、イゴロットである本人たちからも
自分はイゴロットだという言葉も聞きます。

酒場でよそ者がイゴロットという言葉を使うと
喧嘩になることもあると聞いたことがあります。

実際のところ、イゴロットという呼称は
イゴロットの人たちの間では どんな使い方
受け取められ方をしているんでしょうか。

たもつ

投稿: させ たもつ | 2010/03/08 08:43

させ たもつ さん
bayaw さん

コメント、いただきっぱなしですみませんでした。決して放置していたわけではなく、機会を見つけてはいろいろとイゴロット族の人々に話を聞き、「取材」を重ねてきています。近いうちに、記事としてまとめたいと思っています。いましばらくお待ちいただけましたら幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: りけるけ | 2010/06/02 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/47154031

この記事へのトラックバック一覧です: イゴロット族の伝統的英語観:

« 北ルソンからメリークリスマス! | トップページ | 今年もよろしくお願いいたします »