« 知恵と工夫 ― 環境と文化の制約の中で | トップページ | 土砂崩れに命を奪われた友人一家 »

2009/09/24

貴重なタンパク源

「貴重なタンパク源」 - 異国での生活、とりわけ、いわゆる「奥地」の生活を語るに際し、この言葉ほどおどろおどろしいものはない。テレビの海外滞在体験ものなどで耳にするのも、現れるのはたいてい、木の根から掘り出す、やたら長い何かの幼虫(しかも洗わずにそのまま食う)や、黒々と山積みになった節足動物の素揚げのような図だ。

フィリピンにもそういうのは多かれ少なかれある。私もこれまで、鹿の肉はもとより、保存用の豚肉の燻製(かなり臭う)、体長15センチ(幅10センチ)のカエルの姿煮(塩でゆでるだけ)、もぞもぞうごめく蜂の幼虫(ウェハースのような蜂の巣とざっくりとした蜂蜜つき)、山蟻の塩炒めなどをごちそうになってきた。

犬は基本だ。フィリピンでは牛などよりはるかにうまく、奥地に出かける楽しみですらある。もっとも、塩でゆでただけの脳みそはつらい。

マニラにもあるカパンパガン料理のファミレスに行けば、コオロギの甘煮や2つに叩き割ったネズミの素揚げなども楽しめる。低地では、細身のカエルの足を普通に炒めて食べる。鶏肉のようだと言われるが、実際には、繊維が多くかすかすな鶏肉よりもゼラチン質(謎)が多く、ぷりんぷりんでうまい。

6月から現地の学校で学んでいる友人の日本人など、オケラだかタガメだかの素揚げを自分で料理して食べるという。これなどどう見てもゴキブリだ。20歳の彼など既に日本への社会復帰は困難だろうが、何をどう食っても「貴重なタンパク源」だというわけだ。

しかしながら、フィリピンで人々の暮らしに最も密着したタンパク源は - 何のことはない -「豆腐」だ。ただし、市場で売っているのは、台湾のものの如く臭うものが多く、好みが分かれる。もとより、市場まで足を伸ばす必要もない。売り子を捕まえて「タホ」を買えばいいのだ。てんびん棒の前後にアルミの容器をぶら下げ、「↑た↓ほ~~~~↑↑↑」と間延びした、しかも音程が徐々に上がっていく独特の裏声の節回しで、町中、至るところにいる。

「タホ」とはもちろん「豆腐」から来ており、豆腐そのものだ。ただ、日本のものよりはるかにふわふわにできている。これを、醤油ならぬ黒蜜とタピオカをかけ、プラスチックカップでつるつるっといただくのだ。

やたら坂道の多いバギオ。町歩きに疲れたら、ちょっと立ち止まってタホをすする。たった10ペソで良質のタンパク質が得られ、黒蜜の糖質で疲れも癒される。長期滞在者なら、タッパーに大量に買い、家でご飯にぶっかけ、醤油をたらしてかき込むのも至福の時となる。

姉妹ブログ「イロカノ語ネット」には、地元のイロカノ語雑誌"Bannawag"(あけぼの)掲載のタホのレシピの全文和訳をご紹介しておいた。タホ作りに挑戦する(要は豆腐作りに過ぎないのだが)というのも、フィリピンの楽しみ方の一つかもしれない。

 

001_2
バギオで売っている季節もののイチゴ・タホ。定番の黒蜜とタピオカに加え、
形が残る程度に甘く煮詰めた、採りたてのイチゴが乗せられている。

 

blog_ranking_banner.png ブログランキング【ブログの惑星】 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
(クリックで応援していただけると励まされます)

|

« 知恵と工夫 ― 環境と文化の制約の中で | トップページ | 土砂崩れに命を奪われた友人一家 »

コメント

タホおいしいですよね、マイカップをもっていくと容器分値引いてくれます

しかしこのいちごタホはしらなかった!!
バギオ限定ですねぇ
一度食べてみないと

投稿: tacchy | 2009/09/24 04:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/46296757

この記事へのトラックバック一覧です: 貴重なタンパク源:

« 知恵と工夫 ― 環境と文化の制約の中で | トップページ | 土砂崩れに命を奪われた友人一家 »