« つかの間の晴れ間に | トップページ | バギオの大きな虹 »

2009/08/29

山のあかすり

北ルソンの共通語イロカノ語では、「水浴びをする」という際と「泳ぐ」という際には、共に"agdigos"という単語を用いる。川や海に出かけて行って、体を洗うついでに一泳ぎしてくるというわけだ。

今回は、そんな"agdigos"の特異な一光景を、YouTubeにアップロードしたビデオでご紹介してみたい。おそろしく全身の筋力を要する、山の男ならではの大胆不敵な洗い方だ。

もしもうまく表示されなければYouTubeの当該クリップへのリンクはこちら。オリジナルサイズ(720×360)でもご覧になれます

 

055
ちなみに、彼の家の敷地の水浴びスペースに行くと、しっかりとこういうものがインストールされていた。川に行けないときも、しっかりごしごしやっているのだろうが、この高さまでスクワットして洗うというのも難儀なことだ。

 

blog_ranking_banner.png ブログランキング【ブログの惑星】
(クリックで応援してくださいね)

|

« つかの間の晴れ間に | トップページ | バギオの大きな虹 »

コメント

肌を傷めそうですね。

投稿: bb | 2009/08/29 13:52

bb さん

コメント、ありがとうございました。お返事が遅れてしまいすみません。

私はそもそもこれに耐え得るだけの筋力が無いのでだめですが、ビデオに映っている岩肌は、適度に垢が削れるほどのまずまずの滑らかさで、良い感じでした。写真のもののほうは、おっしゃるように肌を傷めそうな粗さですね。

投稿: りけるけ | 2009/09/14 13:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/46059335

この記事へのトラックバック一覧です: 山のあかすり:

« つかの間の晴れ間に | トップページ | バギオの大きな虹 »