« 謹賀新年 - 爆走するジプニーみたく | トップページ | フィリピンをまた少し知るために »

2009/01/09

地図オタクの北ルソン「天」景

しばらく前に流行った本に『話を聞かない男、地図の読めない女』というものがあった。私は、なるほどヨメの話は聞かないうえに地図オタクときた。新しい土地に行くと地図を買わなければ落ち着かない。去年の2月に仕事で1週間ほど台湾に行った際も、台北と台湾全島の地図をそれぞれ買ってきて、今でも時折、取り出してみてはいろいろと夢想している。

そんな私にとって、フィリピンでこれまで大いに不満だったのが、一部の都市のもの以外、ろくな地図が無いということだった。知り合いのJICA関連の方が大きな精密地図をお持ちで、SMバギオの近くの店で手に入ると伺っていたのだが、フィリピンで新しい店に足を踏み入れるというのが億劫で(また、愛想の無い店員とかだとヤだし)そのままになっていた。

しかし、ありがたや、きょうび、Google Mapsはもちろんのこと、Google Earthを利用すれば、そのものずばり、航空写真でもって、世界中のどこでも見ることができる。地形の起伏まで表示してもらえるのが素晴らしい。私の場合、仕事で訪問するのが道無き道を行く山奥が多いので、こういうツールで山や谷の形をよく学ぶというのが仕込みのうちになるのだ。おまけに標高も誤差こそあろうが表示されるのでとても参考になる。

例えば、フィリピンの国道が最も標高の高い場所を走る場所とされているハイエスト・ポイント。設置されている看板によれば7,400フィートというから約2,250m。コルディリエラ山地の数少ない観光スポットの一つだが、以前から、ここを過ぎても微妙な上り坂が続いているのが気になっていた。

調べてみると、やはりハイエストポイント(Google Earthの標高表示では2,284m)からもしばらく登りが続いており、サヤガンの中心街に向けて2番目の左カーブ辺りが実は一番高く2,345mほどある。実にハイエストポイントからさらに60mも登っていることになるが、下の図のように、渓谷の斜面が急で、しかも尾根がせり出す形になっている現状のハイエストポイントのほうが、展望台を設置するには地形的に優れていることになる。60mに目をつぶってでも、観光資源的に、フィリピン政府は正しい選択をしているということになるのだ。

コンピューターに若干のパワーは必要とされるが、皆さんもフィリピンのお気に入りの場所や建物をマークし、上空から低空から、ぐるぐる周りながら、ふだんの観光とは違った「天」景を楽しんでみてはいかがだろうか。

 

Baguio_city_sightseeing_view
バギオ近辺のランドマーク。標高1,500mというのが
実感できる眺めだ。

 

Northern_bakun_from_caang_2
私が昨年3月に訪問したベンゲット州バクン郡の村々。
右上の村から山を下り、左上の村まで登った。

Highest_point_front
ハイエスト・ポイントと、本当の「ハイエスト・ポイント」

 

Highest_point_side02
しかし、これを見れば、現行のハイエスト・ポイントのほうが、
斜面の傾斜角や渓谷の眺めに優れていることがわかるだろう。

 

blog_ranking_banner.png
(クリックで応援してくださいね)

|

« 謹賀新年 - 爆走するジプニーみたく | トップページ | フィリピンをまた少し知るために »

コメント

お邪魔します。いつも、ご丁寧な返信ありがとうございます。又々、お尋ねしたい事がありまして、ご存知でしたら情報を(お暇なときで大丈夫ですから!)お願い致します。バギオ近辺で温泉があるらしいと聞きましたので、一度行ってみたいと思って投稿しました。私は、バギオ大聖堂に近いシティホテルによく宿泊しています。S.M.&シティマーケットに近く徒歩で、散策できるので気に入っています。朝早くターホをすすりながら、マーケットに行って楽しんでいます。

投稿: 男衾 | 2009/01/11 13:53

男衾 さん

すみません。せっかくのコメントを見落としてしまっていました。バギオ近辺の温泉なら、Asinという、中心街から30分くらいのところに一つ、メジャーなものがあります。

しばらくは湯もコケっぽく見えるほど手入れされていない感じだったそうなのですが、今は新しくスライダーなどもできて、プール&温泉として、清潔で楽しめる施設になっているようです。道路も良くなったようですね。

投稿: りけるけ | 2009/01/22 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/43684448

この記事へのトラックバック一覧です: 地図オタクの北ルソン「天」景:

« 謹賀新年 - 爆走するジプニーみたく | トップページ | フィリピンをまた少し知るために »