« 一か月ぶりのマニラ | トップページ | 謹賀新年 - 爆走するジプニーみたく »

2008/12/20

消費者にはありがたい限りだが

バギオ市(Baguio City)の隣のラ・トリニダード町(La Trinidad)は、ベンゲット州の州都だ。市制が敷かれる日も近いと耳にする。イチゴの町としてイチゴ狩りの観光産業で知られるこの町は、コルディリエラ山地の農産物が集まる、北ルソンの一大サラダボールとしても知られる。

ラ・トリニダード町に集まってきた野菜はKM5(ケーエムファイブ:その名もハルセマハイウェイの5km地点)という場所にある集積場に集められる。そこではいつも、活発な荷下ろしが行われている。

この日、連れて行かれたのは、そのKM5ではなく、KM5からハルセマハイウェイを外れ、西側の山沿いに入ったプギス(Puguis)と呼ばれる地域。KM5の集積場に、時間やスペースの都合で入りきれなかった便が、待機したり、実際に荷下ろしをしたりする場所だという。収穫物を満載にしたトラックやジプニーは、いつ見ても圧倒されるし、独特の美しさがある。荷積みや荷下ろしが手作業によることを知ればなおさらだ。

バギオ市は、このラ・トリニダード町の隣町であるという恩恵を十二分に受けている。市場には常に、新鮮な野菜があふれている。海からも2-3時間の距離なので、標高1,500mの山地にありながら早朝には新鮮な魚もあふれる。季候も良く、自然の賜物にも恵まれている。たいていの物は値段も安い。娯楽に乏しく退屈なのが玉に傷だが、これで雨期や台風がなければまさに天国だ。

しかし、これが生産者の方々の大きな犠牲の上に成り立っていることを忘れるわけにはならない。例えば、下の写真のようにじゃがいものあふれるトラック。このじゃがいものの買い取り価格は、この時点で実に1キロあたり1.25ペソ(約2.5円)だという。1キロが、である。このように3トンほどをはるばる運んできても、実に4,000ペソ弱(8,000円弱)にしかならないというわけだ。

私たち消費者は、これを1キロ15-20ペソ(30-40円弱)で買って「安い~」と言っているわけだが、その裏にはこのような、生産者の方々には厳しいシステムが存在する。感謝しつつ、生産者の方々にも少しでも有利な状況になることを願う。

 

006
フィリピンのじゃがいもは、小ぶりなものが多いが、
この日持ち込まれていたじゃがいもは、大きくつやつやのものが多かった。
それにしても、この運転席のドアに貼ってある写真……。
フィリピンの「トラック野郎」も、例に漏れずこういうのを好むということか。

 

007
一つ一つ手作業で詰めたにしてはあまりに芸術的だ。
長旅に揺られる中で、それぞれに落ち着いて作品に仕上がったのだろう。
季節に左右されていつも手に入るわけではない大根が嬉しい。
それにしても、屋根に乗せたものが落ちないからくりは謎だ。
ハルセマハイウェイが舗装されたからこそできるわざなのだろう。

 

084
バーンハムパークの入り口にあるバーンハム氏の胸像。
その後ろの小高い丘の上、夕日に映えて光るのは、SMバギオ。

 

  

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ blog_ranking_banner.png
(クリックで応援してくださいね)

 

|

« 一か月ぶりのマニラ | トップページ | 謹賀新年 - 爆走するジプニーみたく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/43471233

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者にはありがたい限りだが:

« 一か月ぶりのマニラ | トップページ | 謹賀新年 - 爆走するジプニーみたく »