« 9年ぶりの拘置所 | トップページ | 戦う男のドゥパックス »

2008/10/12

イロカノ語講座を移転します

「移転します」と唐突に言われても、そもそもカテゴリーだけ別のブログから移してきただけで何もしていなかったイロカノ語講座ですが、このたび、イロカノ語と周辺諸言語だけを取り扱うブログを開設しましたので、中途半端で扱いに困っていたこのカテゴリーはそちらに移転することにいたします。

何もしていなかったというのは、いかに著作権の問題に配慮しつつ、自分の学習と皆さんのお手伝いになれるかという点で常に自問自答してきていたためで、今回の新規ブログの開設がその一つの解答になればと願っています。

本当は、Precy Espirituの市販の教科書(Let's Speak Ilokano(初級)やIntermediate Ilokano: An Integrated Language and Culture Reading Text(中級))などを学んでいけばいいのでしょうが、他人の著作を公共の場で1冊通してどうこうするのもはばかられ、思いあぐねてきていた次第です。

新しいブログでは、依然として他人の著作とはいえ、引用のかなり自由なイロカノ語聖書などの題材から(私の業務上の必要も兼ねて)学びつつ、それらに現れる構文を中心に、日常会話に生かせそうなものだけを、イロカノ語講座として、できるだけ平易な形でご提供できればと願っています。

イロカノ語のようなマイナー言語の学習など、一人で地味かつ勝手にしていればいいものなのでしょうが、根っからの言語屋でこれはもはや究極の「趣味」であること、説明しようとすることで理解が深まること、イロカノ語を学んでみたいという方は潜在的にかなりいらっしゃるはずにもかかわらず、マイナー言語であるがゆえに商業ベースには乗りにくく、このような場があれば少しは世間のお役に立てるのではないかと思うこと、などが理由です。

イロカノ語聖書などの学習メモについては、ほとんど独り言で込み入ったことをしていますので、特にオタクな方面に関心の無い方々は、「イロカノ語講座」のカテゴリーのエントリーのみをご笑覧いただければ幸いです。本当はmp3ファイルまで貼りつけて本格的なものにすればいいのでしょうが、そこまでの余裕はなかなかありませんのでご容赦ください。

また、イロカノ語聖書を使っているといっても、あくまでコーパス的に、言語資料として使っているだけで、キリスト教的な話はよほど解釈に必要な場合以外は一切していませんので、中級以降のイロカノ語に関心のある方でしたら、比較的抵抗なくご覧いただけることと思います。

それでは、皆さんそれぞれのフィリピン・ライフに少しでも貢献できることを願いつつ。今後とも、よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
(にほんブログ村のランキング。よろしければクリックにて応援ください)

|

« 9年ぶりの拘置所 | トップページ | 戦う男のドゥパックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/42764532

この記事へのトラックバック一覧です: イロカノ語講座を移転します:

« 9年ぶりの拘置所 | トップページ | 戦う男のドゥパックス »