« フィリピン・エスプリの一つの象徴 | トップページ | バギオ市中心街を望む »

2006/12/16

400kmも離れていたのに

季節外れの12月にやって来た台風22号。雨期はとっくに終わっているはずなのに、いまだにぽつり、ぽつりと台風がやって来る。テレビのニュースでは気候変動という言葉がよく聞かれるようになった。

予報ではこの22号は、ルソン島の南、サマールの辺りを東西に通過するということで、先日の21号で多くの人々が亡くなったルソン島の南端、レガスピ周辺の様子が気になりながらも、私たちはこの週末、ヌエバ・ビスカヤ州カスィブ郡(Kasibu, Nueva Vizcaya)の友人宅を訪問した。

すると、400kmも南を通過しているはずの台風であるにもかかわらず、その影響なのか、ヌエバ・ビスカヤ州のバンバン町(Bambang)に到着した土曜の午後から大雨になり、日曜は暴風雨に見舞われることになった。私たち家族は月曜日早朝のジプニーでカスィブからバンバンに戻り、乗合バンでバギオに帰る予定にしていたのだが、結局、カスィブ-バンバン間の唯一の幹線道路が川の増水で切断され、水曜日の朝までバンバンに下るジプニーがないという状態が続くことになった。

台風の影響とはいえ、この地域の大動脈にあたるこの幹線道路がそれほどもろいはずはない。聞くと、今年の8月に襲った大きな台風のために、橋が流され、それ以来、カスィブに向かう、あるいはバンバンに向かう車は、必ず川を渡らなければならない状況が続いているのだという。そして、流された橋をかけ直す予算が無いためにずるずると不便な暮らしを強いられている中、 11月にこの地域を直撃した台風によって状況はさらに悪化、はるか400km先を通過している今回の台風22号からも、直接的な被害を受けてしまったのだという。

すっかり晴れた水曜日の朝ではあったが、橋の流された現場では、ジプニーの乗客は皆、車から降り、平たい木材を二本渡しただけのきわめて危険な川を渡らなければならなかった。足元のすぐ下は逆巻く激流である。少しでも足を滑らせればそのまま飲み込まれ、深みに引き込まれるか、岩に体を叩きつけられることになる。命さえも危ないだろう。小さな子供たちも渡っている。幸い、私の4歳の娘は、友人が抱いて安全に渡ってくれた。

このような状態は、数ヶ月は続くことだろう。幸い乾期に入ったとはいえ、山の天気は変わりやすく、バンバンから500m以上登る霧の台地カスィブは頻繁に雨に見舞われる。買い物や所用のためにこの道を通る人々は、そのたびにこの激流を歩いて越えるのである。

川を渡ったジプニーは、何事もなかったように山道を下り始めた。やがて、かばんを背負った登校途中の子供たちが向こうから登ってくる。この地域の子供たちは、毎日、学校の行き帰りに、あの「橋」を渡らなければならないのだろうか。雨が降らないと、農業で生活を立てているカスィブの人々は困る。雨が降るとカスィブの人々の足が妨げられ、幹線道路沿いの人々も不便と危険にさらされる。そもそも、カスィブの人々もせっかくの農作物をバンバンまで売りに行けなくなってしまう。少しでも早く、そして来年の雨期が来る前に、橋が復旧して欲しいものだと切に思う。

jeepney_01
客を全て降ろしたジプニーが急流にアプローチする。
(写真をクリックすると拡大画像(800×600)がポップアップします)

jeepney_02
ジプニーができるだけスムーズに渡れるように岩を動かし、
ルートを整える車掌たち。
(写真をクリックすると拡大画像(800×600)がポップアップします)

passengers_01
乗客はこちら。バランス感覚の優れた地元の人々も、
ここでは裸足が一番無難らしい。
(写真をクリックすると拡大画像(800×600)がポップアップします)

passengers_02
大人も子供もここを渡るしかない。中央の岩の向こうに見える
石垣のようなものが、かつてここにかかっていた橋の橋脚の残骸。
それにしても、あの大きなジプニーが渡れていたほどの橋が、
跡形もなく流されてしまうのは、増水した水の勢いなのか、
それとも建築技術、資材の問題なのか。
(写真をクリックすると拡大画像(800×600)がポップアップします)

passengers_03
小学生がこれを渡って学校に通う光景は、想像するだけでつらい。
もっとも、地元の人々はそれほどやわではないとは思うが。
(写真をクリックすると拡大画像(800×600)がポップアップします)

jeepney_03
なんとか問題なく渡れている模様。米もトマトも
かぼちゃもしょうがも、これで少しはお金になりそうだ。
通学の小学生などは、半ズボンにゴムぞうり。
案外こちらが通学路かもしれない。少し安心。
(写真をクリックすると拡大画像(800×600)がポップアップします)

jeepney_04
やはりジプニーは頼もしい。
これを毎日往復する運ちゃんたちも大したもの。
(写真をクリックすると拡大画像(800×600)がポップアップします)

car_01
こういう車高の低い一般車両は本当につらいはず。
(写真をクリックすると拡大画像(800×600)がポップアップします)


|

« フィリピン・エスプリの一つの象徴 | トップページ | バギオ市中心街を望む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/13083943

この記事へのトラックバック一覧です: 400kmも離れていたのに:

« フィリピン・エスプリの一つの象徴 | トップページ | バギオ市中心街を望む »