« 相撲チキンカツ? | トップページ | フィリピン・エスプリの一つの象徴 »

2006/10/24

フィリピンの後藤真美さん

バギオの中心街で見つけた一枚の看板、「セントラル・ファーストフード・ゴトウマミ」。

後藤真美さんという日本人の経営するフィリピン食レストランなのかと思ってみる。

え、それにしても、ふつうはマミ・ゴトウと英語式に名前を先に言う人が多い中で、名字を先に言う日本式の言い方を貫いているのは、 なかなかこだわりがある人に違いない。ふつうは"Mami's Eatery"(マミのお食事処)的な名前を掲げる店が多いのに、 ずばり自分の名前をそのまま店の名前にするなど、なかなか大胆。などなど、いろいろと思いめぐらす。しかも英語の正書法にのっとって、 名字の後にはご丁寧にコンマまで打ってある。

在比のみなさん、あるいはフィリピン通を気取るみなさんには既におわかりのこと。ゴトウならぬゴトも、 マミもフィリピンではおなじみの軽食の名前。ゴトはおかゆのようなもの、マミはラーメンのようなものなのだ。

 

  goto_mami_001
お腹が空いたら"Go to Mami"(マミさんのもとへ)?
本当に24時間開けているのかが興味深いところだ。
(写真をクリックすると拡大画像 (800×600)がポップアップします)

  goto_001
 mami_001
上がおかゆのようなゴト。豚肉のようなものと天かす的なものが入っており、
なかなかいける。カラマンシーは欠かせない。
下がラーメンのようなマミ。若干きしめんぽい平たい中華麺だ。
大盛りのネギがうれしい。醤油と魚醤を垂らしてすする。
(写真をクリックすると拡大画像(800×600)がポップアップします)

 

|

« 相撲チキンカツ? | トップページ | フィリピン・エスプリの一つの象徴 »

コメント

バギオでは、醤油つかうんですか?

タガログ圏内だと、ゴトには、「魚醤」「カラマンシー」「胡椒(ペッパー)」
ですね(^^;
ヌエバエシハの屋台でも、この3点がおいてあります。

さて、本業の路上不法占拠のBBQ屋台も、うまくいっているし、次は、ゴト屋を道路でやろうかな、とか考えています。

フィリピンの麺類は、私には、ちょっと。・・・・(以下、略)

ゴトは美味しくて、よろしいですね。

焦がしたガーリックの破片を散らしてもよし。

投稿: tacchy | 2006/10/24 20:25

tacchy さん

季節外れのお返事ですみません。ようやくココログのコメント管理の方法がつかめてきました。

| バギオでは、醤油つかうんですか?

え、他のところでは醤油が無いんですか?が私の疑問です。だったら、私は醤油好きなので、バギオ近辺じゃなければフィリピン料理はあまり好きになれなかったのかな。

ゴトも、マミも、おいしいですね。私はマミもOKですよ。この値段でこれだけの量しかなくてこの程度の麺というところに慣れてしまえば、そこそこのダシで目の前でゆがいてくれる麺というのは、この環境では魅力的です。

| 焦がしたガーリックの破片を散らしてもよし。

フィリピンの人は、ピーナッツにしても、この焦がしたガーリック片の使い方が絶妙に上手いですね。

投稿: りけるけ | 2007/12/11 04:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/12409667

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピンの後藤真美さん:

« 相撲チキンカツ? | トップページ | フィリピン・エスプリの一つの象徴 »