« フィリピン初? ゴミの分別 | トップページ | 北ルソンの定義? »

2006/06/03

銅線の難?

不思議の国フィリピンでは、時として信じがたいことが起こる。最近もまた、 平和ボケした中で育った日本人の常識を根底から覆すようなことが起こった。

私の住居のある勤務校の敷地は、フィリピンという国ではまだまだぜいたくと言えるキャンパス内有線・ 無線LAN完備という恩恵に与っている。ところが、そのようなささやかなハイテク環境において、ここ4-5日、 インターネットはおろか電話さえも使えないという状況が生じてしまっていた。プロバイダーの技術的な問題ということもよくあることで、 当地バギオのカスタマーサービスに問い合わせても「マニラで問題がありまして」の一点張りであることが多い。 マニラのカスタマーサービスに問い合わせると「太平洋で問題が・・・」と来ても不思議はない。

しかし、今回はそんな生易しいものではなかった。どこぞの不届きな輩たちが、「銅線」欲しさに、私たちのものも含めて、 道路沿いに敷設されている電話線を数十メートルにわたって切断、盗んでいったというのだ。同じことは3月にもあり、今回で2回目である。 犯行現場はちょうど、私自身も一週間前に歩いてそばを通っていた辺りで、あまりの雑な管理に驚き、写真に撮っていたところであった。

フィリピン人学生に言わせると、「ああ、高く売れるからね」と事もなげ。私が現地語を教わっている家庭教師の先生も、 いとこが昔そういうことをしていたということ。なんでも鎖の一端を小鳥などの動物に結びつけ、もう一端を電線に投げて絡みつかせる。 動物に変化がなければ通電していないということでその線を狙うのだそうだ。発展途上国の、想像を絶する一面を見せつけられた気がする。 まさに、日本の常識は世界の常識にあらずといったところであるが、貧しければ何をしてもいいわけでもあるまい。 この国の向かわんとしている道のりのあまりの長さに、気が遠くなる思いがする。

幸いにして、私たちの回線と、私たちの場所からさらに数キロ先にあるベンゲット電力会社(BENECO)の変電所の回線は、 需要が多いということで優先的に修復がなされ、5日後に復旧した。しかし、 この幹線道路沿いにある多くの家屋の電話回線が復旧するにはまだまだ時間がかかるのだという。同じフィリピン人の悪行のゆえとはいえ、 それを忍ばなければならないフィリピン人たちもまた、気の毒なものである。

 

copper_cables_01 

copper_cables_02
このような感じで電線がたるんで垂れ下がっている。
(写真をクリックすると拡大写真がポップアップします)

copper_cables_03 

copper_cables_04
その一端は乱雑に松の木に巻きつけられている。
(〃)

copper_cables_05 

copper_cables_06
手を伸ばせば届くところに電線が。触るとさすがにびりびり来る(上)。
これが高く売れるとなると、そういう犯行に走る者も出てくるだろう。

さらには、用無しになったのか乱雑に丸められ放置された電線(下)。
まさに、社会的なだらしのなさが質の悪い人間を拡大再生産するという構図がここにもある。

(〃)

blog_ranking_banner.png 引き続き、「人気blogランキング」に参加しています。他の方々による「海外旅行」 カテゴリーのいろいろなブログにも出会えます。

 

|

« フィリピン初? ゴミの分別 | トップページ | 北ルソンの定義? »

コメント

はろー、おとうちゃん。お久しぶりです。お元気ですか?
私は何も変わらず、毎日日本語教えてます。今年はフィリピンの学生が3人います。みんなすごくしっかりしていて、いつも感心させられます。
ここんとこ、まめに(?)更新しているところを見ると、ちょっと時間があるのかな?と思ってコメントつけてみました。
では、またね~!

投稿: CH@tokyo | 2006/06/03 21:52

あいっ! マイ・ディエール・ダウタル! ここ見てくれてたの~? うれし~。去年は東京に計2か月も滞在していて(しかも駒込と板橋)、マイワイプなんか、さんざ良くしてもらってるお礼にって、フィリピンからおみやげまで買って持っていっていたのに、結局、連絡しそびれてしまって・・・。あいかわらずだらしのない夫婦です。

そう、フィリピン人学生もいるんですね。私のクラスを見る限り、フィリピン人は座学としての語学はほとんど得意じゃないように見えるんだけど、ちゃんとがんばれてるんですね。ちょっと安心しました。今年も今月20日から新年度が始まります。パリで大学まで出たベトナム人とか、今年もインターナショナルに多彩なクラスになりそうですが、お互い、がんばりましょうね~!

投稿: りけるけ | 2006/06/04 03:11

こんにちわ。

このモスを連想させる電線は圧巻ですね。まさか電力線(ピリピリでは済まない)でなく通信線かな?と思いますが・・。

今年になってからの銅・アルミなど非鉄金属の相場は凄まじく、銅線くずは日本からも盛んに輸出されていますがキロ当たり400円以下だったのが800円超えてます。行き先は主に中国らしく、旺盛な大陸の実需に、その動きを見た投機資金の仕業のようです。

中国の需要は依然旺盛で、この傾向は当分続きそうですので、屋外の銅線だけでなく、フィリピンでは余り見掛けませんがエアコンの室外機なども用心した方が宜しいでしょう。実際、中国ではエアコン泥棒も報告されています(大汗)

投稿: Asukal | 2006/10/22 10:11

Asukal さん

コメント、ありがとうございました。非常識に季節外れのお返事でお恥ずかしい限りです。

最近は銅線が盗まれることもなく、状況としてはかなり落ち着いた感じなのでしょうか。逆に日本で、金属製のいろいろなものが盗まれたり(しかも有名アイドルの弟なども逮捕されていたり)、そういう事例を見聞きするようですね。

とりあえず、こちらでの生活は落ち着いているのでありがたくはあるのですが。

投稿: りけるけ | 2007/12/11 04:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/10378211

この記事へのトラックバック一覧です: 銅線の難?:

« フィリピン初? ゴミの分別 | トップページ | 北ルソンの定義? »