« 北ルソンの定義? | トップページ | 雨期の平日のウォーターパーク »

2006/06/12

二百均ショップ?

昨年、日本に9か月間、長期帰国していた際には、おなじみの百均にとてもお世話になった。文房具用品から語学CDまで、 なにもかもが105円で手に入るというのは、最近でこそSMモールのおかげで大きくライフスタイルが変わったとはいえ、 ふだんバギオに住んでいる者にとっては天国のような世界である。

いつ頃できたのだろう、妻がアバナオ・スクエア(Abanao Square)の3Fに「88ペソショップ」 があるので行こうと誘ってきた。なんでも、妻もよく、日本に長く住んでいたアメリカ人の友人に誘われて買い物に来るのだという。 品揃えとしては、これはなかなか、と思うものから、こんなもの、フィリピンにあっても、と思うようなものまでいろいろだ。

面白いのは、日本の百均向け商品をそのままこちらに流しているのだろう、商品名から細かい記述、 説明などが全て日本語のままであるという点である。興味深く思った妻が店員に尋ねてみたところ、 彼らは自分たちの商品について使い方から何から、全てきちんと把握しているのだという。 そんなはったりを鵜呑みにするほどフィリピン生活が短くもない私たちにとっては、 この店がいつまで生き残ることができるのかが既に大きな関心になっている。

実際、店にやってくるフィリピン人も、日本語での記述しかないパッケージに戸惑い気味の様子だ。中には、 連れのフィリピン人にしたり顔で説明をしている客もあるが、横で耳に入ってくる限りは、こちらもどこまでもはったりに近い。 フィリピン人に道を聞くな、という教訓(つい数週間前にも身をもって体験したことだが)は、フィリピン人にはものを聞くなという形で、 かなり普遍的に通用するコミュニケーション上の教訓のようだ。

ところで、この88ペソショップ、88という数字に何か意味はあるのだろうか。 100円が40-50ペソの両替レートにあることを考えると、 日本の百均商品をそのまま買ってきて値段を倍にして売っているようなノリである。おそらくは、 中国で生産されている日本向けの商品を売っているのだろうが、いずれにせよ、この手の店はバギオではまだまだ重宝する。長寿を祈るばかりだ。

 

Japan_Home_01 
店構えとしてはなかなかおしゃれ。「日本城」と中国語表記があって
大きなマーケットになるはずの韓国人向け表記がないところを見ると、
日本事情に詳しい中国資本が経営母体だろうか。そう考えると、
どうでもいいことだが、「八八」という末広がりな値づけにも意味が生まれてくる。
(写真をクリックすると拡大画像(約500KB)がポップアップします)

blog_ranking_banner.png
お読みくださりありがとうございました。
この記事をお楽しみいただけた場合、よろしければこのバナーをクリックなさってください。さらなる更新への励みになります。
また、他の方々による「地域情報(アジア)」 カテゴリーのいろいろなブログにも出会えます。

 

|

« 北ルソンの定義? | トップページ | 雨期の平日のウォーターパーク »

コメント

こんにちは。
今週、朝日新聞国際面の小さな囲み記事にバギオ(新聞では「ブギオ」になってた気がする)のことがずっと連載されていました。今日はジャムの話だったんだけど、「グッドシェパード修道院」というところのジャムのこと、知ってますか?

投稿: CH@tokyo | 2006/07/14 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/10495215

この記事へのトラックバック一覧です: 二百均ショップ?:

« 北ルソンの定義? | トップページ | 雨期の平日のウォーターパーク »