« 2005年2月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/03/19

美しき家族 其の一

私には父親が数人いる。実の父親、義理の父親、尊敬する教授たち、そしてフィリピンでの父親である。このフィリピンでの父親は、バギオから10時間以上かかる山村で、農業を営みつつ教会の牧師をしている。温厚だが涙もろく、熱いハートを持った人情牧師だ。

ただ、山奥で育ったために都会の事情には疎い。ある時、はるばるバギオに出てきてくれたので、チャウキンで食事をごちそうした。すると「りけるけ、これはホテルかいの?」「え、ただのレストランだけど」「あそこに"REST ROOM"と書いてあるが、あれは休憩できるんでないんかい?」「……」 彼にとって"rest"とは、"take a rest"の"rest"、横になって休むことだったのだ。トイレはフィリピン流の言い方、"CR"でしかないのだ。

先週、在籍していた大学院の修了式を迎えた。そのことを、数週間前に、このフィリピンでの父親に伝えると、実の息子の一人から電話があった。「りけるけ、親父が『りけるけがめでたく卒業するそうだから、何か四足の動物を持っていって祝わないといかん』とか言い出してるんだけど、どうしようか」「え、そんな、困るよ、ちゃんと式の後には昼食も出るし」「そう? じゃ、別に豚とかヤギとか持っていってお祝いしなくていいわけ?」「そんな、学校の敷地内で屠殺・解体とかしたら、やばいよ」「わかった、じゃ、伝えとくな」

北ルソンの山村では、結婚式や誕生日、卒業式、葬式などのいわゆる冠婚葬祭では、必ずそういうものを料理して参列者にふるまうことになっている。そこで、父は、この「リトル・アメリカ」と呼ばれる、およそ世離れした学校の卒業式であっても、親としてちゃんとそういうものを、先生方をはじめ、息子がお世話になった方々にふるまわなければならないと思ったのだ。嗚呼、文化とはかくも強きものかな。

「おとうちゃん、だめだよ、そんなことしちゃあ、バギオは都会だよ、あの学校はリトル・アメリカだよ、フィリピンじゃないよ」 実の息子や娘にさんざたしなめられた父だったが、やはり文化という内なる衝動には逆らえない。屠殺こそ田舎の家で済ませたものの、子豚1頭分の生肉を携え、はるばる田舎から出てきてくれたのだ。そして、修了式の前日に、集まれる限りの子供たち・親戚たちを集め、バギオで私のためにささやかな祝賀会を開いてくれたのだ。

田舎で丹念に育てられている豚は、フィリピンの豚肉特有の臭みが全くなく、炭で焼いて酢でしめたバーベキュー、アドボと呼ばれる肉じゃが風の煮物、そして定番のパンスィットことビーフンと、本当に、本当においしくいただいた。

既に5年以上になるフィリピン生活、長かったのか短かったのかはわからない。でも、このような、素晴らしい父親とその家族に恵まれたことは、修了式でいただいた修了証書よりも、私の人生においてはるかに貴重な宝であることだけは確かだ。フィリピンに来てよかったとつくづく思う。


dad_001
私のフィリピンでの父親、オスカー・オルガノ牧師。あなたに会えて本当によかった。
(クリックすると拡大画像(700×525ピクセル:48.6KB)がポップアップします)

pork_001
心のこもった豚肉。大切にいただきます。
(クリックすると拡大画像(720×540ピクセル:44.2KB)がポップアップします)


blog_ranking_banner.png
引き続き、「人気blogランキング」に参加しています。
他の方々による「海外旅行」カテゴリーのいろいろなブログにも出会えます。




りけるけ/LIKELUKEによる姉妹ブログ

LIKELUKE's VIVA LING
言語学と言語教育学、および言語学習に関連するトピックを扱っています。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/03

イロカノ語講座 1-1

それでは早速、始めていきましょう。今日の表現はこれです。

Naimbag a bigatyo. (p.16)

カタカナでの発音は「ナイ'ンバッグ・ア・ビガッ'ト・ヨ」ですが、実際には「ナインバg・ア・ビガt・ヨ」のように、子音で終わっている語には余計な母音はつけないほうがいいでしょう。アクセントのありかを「'」で表すと、

Naimba'g a biga'tyo.

となります。すなわち「バ」「ガ」を強く発音するわけです。

また、話し言葉では、文法的にリンカーと呼ばれる"a"を、鼻にかける音、すなわち鼻濁音で"nga"(「ンガー」:ただし「ガ」も鼻にかけて柔らかく)とすることが多いです。テレビのサザエさんの最後の部分で、サザエさんが「来週もまた、見てくださいね~」と言った後で食べ物をのどに詰まらせ、「ンガ・ン・ン」と言いますよね。あの「ンガ」の感じです。

あるいは、「本が読みたい」と言う時の「ホンガ」の「ンガ」の音です。ただ、方言や世代によっては、「ン・ガ」と「ガ」をはっきり発音してしまう場合がありますので、注意してください。「ホン」の「ン」の口の形、舌の後ろの部分がのどの奥についた状態で「ガ」と言う感じです。この音は、日本語では意識して発音しにくいのですが、イロカノ語では大切な音ですので、よく練習してみてください。

さて、"Naimbag a bigatyo."ですが、"naimbag"は「良い」、"bigat"は「朝」の意味で、間の"a"(ないし"nga")は前者が後者を修飾していることを表します。したがって、これはもはや説明するまでもなく、"Good morning!"「おはよう」
の意味です。

"yo"は相手が複数であることを表します。ところが、"yo"を聞き手が1人の場合にも使うことがあります。その場合は、丁寧な表現、すなわちあえて日本語にするならば、「おはようございます」を意味することになります。

ちなみに、イロカノ語を含むフィリピン諸語では、「オ」と「ウ」の区別が日本語に比べて狭く、時には交換可能な場合もありますので、「ヨ」と聞こえたり「ユ」と聞こえたりします。発音する場合はそれを逆手にとって、あえて曖昧に発音するとそこはかとなくネイティブなテイストが出て良いでしょう。

さて、相手が1人で特に丁寧な言い方をする必要のない場面では、"yo"に代わって"mo"を使います。"Naimbag a bigatmo."です。

それでは、今日はここまでにしておきましょう。宿題は、"Naimbag a bigatyo."と"Naimbag a bigatmo."をそれぞれ5回ずつ口に出して練習することです。

(この記事は、姉妹ブログ「LIKELUKE's VIVA LING!」に掲載したものの再掲です。既にそちらでご覧になられた方にとってはマルチポストが続きますが、今しばらくお待ちください)


blog_ranking_banner.png
お読みくださりありがとうございました。
「人気blogランキング」に参加しています。
この記事をお楽しみいただけた場合、
よろしければこのバナーをクリックなさってください。
他の方々による「地域情報・アジア」「語学・英会話」
カテゴリーのいろいろなブログにも出会えます。



りけるけ/LIKELUKEによる姉妹ブログ

LIKELUKE's VIVA LING
言語学と言語教育学、および言語学習に関連するトピックを扱っています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/01

オリエンテーション

イロカノ語(Ilokano, Ilocano, Iluko, Iluco)は、フィリピンのルソン島北部の共通語です。本来は同島北西海岸沿いに位置するイロコス・ノルテ州(Ilocos Norte)、イロコス・スル州(Ilocos Sur)、ラ・ウニオン州(La Union)近辺の言語でしたが、活動的なイロカノ族の移住に伴ってその使用域を拡大、現在ではルソン島北部もさることながら、アメリカ、特にハワイ州、カリフォルニア州でも広く知られるに至っており、ことハワイ州では、フィリピン系住民の80%がイロカノ族に属すると言われています。

このたび、私がこちらで担当している聖書ギリシア語コースの韓国人学生から、Christian Language Study Centerという、主にキリスト教の宣教師にフィリピンの諸言語を教えている機関の出版している"CLSC Ilokano Book"というシリーズのテキストをいただきました。3冊組の実に懇切丁寧なテキストなのですが、この中から、著作権を侵害しない形で内容を参照しつつ、また自分なりのコメントや疑問点を加えつつ、自習していきたいと思います。

このテキストに関心を持たれた方は、CLSCの活動を支える意味でも、また、タガログ語やセブアノ語他、フィリピンの諸言語のテキスト作成を支援する意味でも、ぜひ、CLSCに手紙を書き、実際にテキストを入手なさってください。住所は、

Chrisitian Language Study Center
8 Jose Abad Santos St.
Heroes Hills, Quezon City

となっています。


blog_ranking_banner.png
「人気blogランキング」に参加しています。
他の方々による「海外旅行」カテゴリーのいろいろなブログにも出会えます。



りけるけ/LIKELUKEによる姉妹ブログ

LIKELUKE's VIVA LING
言語学と言語教育学、および言語学習に関連するトピックを扱っています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

イロカノ語講座を移動してきます

いつもこの「りけるけの北ルソンだより」をご愛顧いただき、ありがとうございます。おかげさまで、遅々とした更新ペースにもかかわらず、毎週、さまざまなリンクを通じて、多くの方々にアクセスをいただき、申し訳なく思うとともにさらなる情報提供の意欲をかき立てられています。みなさまのアクセスと「人気blogランキング」へのクリックが大きな励みとなっております。今後ともよろしくお願いいたします。

さて、このたび、私の開設しているブログの再編成作業の一環として、これまで、言語学、言語学習、諸言語を扱う「LIKELUKE's VIVA LING!」で扱ってきたイロカノ語講座を、こちらの「北ルソンだより」に移動してくることにいたします。

こちらのページにアクセスをいただいている方の中には、純粋に北ルソンの様子に関心をお持ちなだけで、北ルソンの共通語であるイロカノ語には別段、関心をお持ちではない方もいらっしゃるかもしれませんが、ご容赦ください。また、こちらは言語学的なブログではありませんので、説明を加える場合も、いっそう平易な表現を心がけるようにいたします。イロカノ語に関心をお持ちでない方にとっても、これが何かのきっかけとなれば幸いです。

blog_ranking_banner.png
引き続き、「人気blogランキング」に参加しています。
他の方々による「海外旅行」カテゴリーのいろいろなブログにも出会えます。



りけるけ/LIKELUKEによる姉妹ブログ

LIKELUKE's VIVA LING
言語学と言語教育学、および言語学習に関連するトピックを扱っています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年6月 »