« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004/10/14

これはまだしたことがない

フィリピン名物の一つと言えば、人を屋根まであふれるほどに載せたジプニー。これは、さすがに主だった市内では禁じられているようで、以前、マウンテン・プロビンス州(Mountain Province)から屋根に乗って帰ってきた際も、ライステラスで有名な観光地、イフガオ州バナウェ(Banawe, Ifugao)まで来て運転手さんに下りるように言われた。そこから先は「警察に捕まる」のだそうだ。

私の住んでいるバギオでも、市内の幹線道路は、屋根に乗るのはおろか、いわゆる「コボイ」(カウボーイ(cowboy)のなまった言い方)と呼ばれる、後ろのステップの部分に立って鉄棒の懸垂のようにぶら下がっていく乗り方もだめなようだ。山から下りてくる道では「コボイ」な男たちも、幹線道路に入ると途端に身を縮めて屋根の下にもぐり込む。客には客なりのマナーがあるらしい。

ところが、田舎は「何でもあり」である。振り飛ばされて300mの絶壁を転がり落ちようが、予告もなしに前から来る木の幹にブレンバスターを食らおうが、鋭い草の葉っぱで顔と腕が切り傷だらけになろうが、全ては「自己責任」である。そればかりではない。なぜこんな山の中で大しけに遭わなければならないのか、と思ってしまうような荒れた道でさえ彼らは寝ている。ロデオのごとく命がけでロープや鉄パイプにしがみついているのは、30代、人生も半ばを越えてようやく北ルソン・コルディリエラ山地デビューを果たした日本人キリスト教宣教師くらいのものである。車の中に乗っていても、この男だけが一人、頭をあちらこちらにぶつけている。周りのフィリピン人はみな、よだれを垂らして寝ている。ネイティブにはどこまで行ってもかなわないというのは言葉だけではないようだ。

ヌエバ・ビスカヤ州(Nueva Vizcaya)の山地、カスィブ郡(Kasibu)でも、同じような光景が繰り広げられている。ここの幹線道路は、舗装されているわけもなく、非常にほこりっぽいことで悪名高い。ジプニーが止まるたびに後ろの入り口からは細かい粒子の砂ぼこりが排気ガスと一緒に激しく吹き込む。女子高生はその度にバッグから「ポンズ」などのファンデーションを取り出し、化粧直しにいそしむ。ここまでくると、化粧品を塗っているのか、ほこりを顔中に伸ばしているのか区別がつかない。本人が納得していればいいという、きわめて現象論的な原理に支配された世界がそこにはある。

このカスィブで初めて見たのがジプニーのボンネットに座るという乗り方である。もちろん、運転席の側ではない。反対側である。それでも運転手にとってはかなり死角が増すのだが、横座りをしてできるだけ死角を減らそうなどという努力は、乗っている客の側には見られない。ジプニーのフロントガラスの半分をべったり覆うようにしてもたれかかるようにして座るばかりではない。肘を一杯に張って頭の後ろで手を組んでいる不届き者も、当たり前のように見かけるのだ。

屋根に乗り飽きた感のある今、私も密かにこの傍若無人な乗り方にあこがれている。ただ、寝台特急トワイライトエクスプレス上野発札幌行きのスイートルームみたく、定員がお一人様に限られているのが何よりの難点だ。気弱な外国人が厚かましくボンネットに座れる日はいつ訪れるのだろうか。


photos/jeepney_001
これでも険しい山道をわけなく進んでいくのだから、山の運転手たちはテクがすごい。
あるいは、物の前後というか、万一の時というものをあまり考えていない。
(クリックすると拡大画像(720×540ピクセル:66.7KB)がポップアップします)

photos/jeepney_002
ジプニーの屋根からの写真。これくらいの川は川とは呼ばない。
時には30度くらいまで傾きつつも、非4WDの車でいとも簡単に渡ってしまうのだ。
(クリックすると拡大画像(420×560ピクセル:49.7KB)がポップアップします)


blog_ranking_banner.png
「人気blogランキング」に参加しています。
この記事をお楽しみいただけた場合、
よろしければこのバナーをクリックなさってください。
ありがとうございます。
他の方々による「旅行・温泉」カテゴリーのいろいろなブログにも出会えますよ。



りけるけ/LIKELUKEによる姉妹ブログ

LIKELUKE's VIVA LING
言語学と言語教育学、および言語学習に関連するトピックを扱っています。イロカノ語講座もあり。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/11

おもてなしに最適、タホン・スープ

フィリピンの道端ではよく、おばさんがバケツに入った貝(日本でいうムール貝、あるいは山陽地区でいう瀬戸貝のようなものにあたるだろうか)を売っている。手で水をすくってはかけながらという姿に、「なんとか痛まないようにもたせている」というメッセージをこちらが勝手に読み込んでしまうのだろうか、いかにも怪しげなその全体的な様子に、食中毒になるとひどいのではないだろうかと恐れつつ、5年近くになるフィリピン生活でも買うのを躊躇してきた。タホン(tahong)と呼ばれるこの貝が、実は非常に手軽で美味な食材であると知ったのは、この夏にヌエバ・ビスカヤ州(Nueva Vizcaya)の田舎町バンバン(Bambang)に8週間滞在する中で得た一番の収穫かもしれない。

こちらの人々は砂を吐かせた後、この貝をココナツミルクで煮る。そして、ご飯を盛ったさらにこの貝を取り、ざくざくっとほうばって食べる。好みに応じてソイ(soy:しょうゆ)やスィリ(sili:唐辛子(チリ))で味付けをする。

面白かったのは、身を取るのに、貝殻そのものの先でもって差し込むようにすることだ。これはフィリピン人からではなく、一緒に滞在していたフィジー人から教わったのだが、日本風の、貝殻の後ろを気長にガリガリこする、というあのハマグリ攻略法よりもストレートかつ簡単に身が取れるのだ。

さっそくバギオに帰って、妻に頼んでみた。最初はマニュアル通りココナツミルクで煮てみたが、やはり日本人は日本人、今では日本酒ベースの酒蒸し的なアプローチに落ち着いている。あのココナツミルクというのは、30代後半の日本人の口にはしつこ過ぎるのだ。

夫婦二人では1~2キロ、お客さんが来てもせいぜい4キロで、十分見栄えのある豪快なスープができてしまう。そう、身は味わってもこれはスープ、スープにこそ貝のエキス(亜鉛とか鉄分とか、いろいろ含まれているらしい)が出ているからだ。若干、塩分過多になりがちなのは気になるが、シャブシャブ用・すき焼き用牛肉も、タラバガニも手に入らないフィリピンのこと、この料理が、いわゆる「鍋を囲む」的なものとなってとても重宝している。ちなみに、身の張ったもので1キロ25ペソ(約50円)くらいのもので、エコノミーライフにももってこいだ。ただ、カニすきと同じく、みんな無口になってしまうのが、唯一の欠点といえばそれにあたる。


photos/tahong_001
調理前、今生最後のひとときを味わうタホンたち。
水に入っているのが、砂を吐かせるためなのか、ただ質を保つためなのかについては、
フィリピン人と私の妻とで理論的解釈が分かれる。
(クリックすると拡大画像(720×540ピクセル:62.5KB)がポップアップします)

photos/tahong_002
調理後、なかなかうまそうにできあがっている。
芸術性も何もないが、素材そのものの色合いの美しさによって
なんとか見られたものになっている、というのも庶民的で良い。
(クリックすると拡大画像(720×540ピクセル:88.7KB)がポップアップします)

photos/tahong_003
スープは、カップに入れて生唐辛子を浮かべていただくもよし、
ご飯の上からぶっかけをしていただくもよし。
暑い低地では、カエルの肉、犬の肉に続き、スタミナ効果満点だ。
(クリックすると拡大画像(720×540ピクセル:60.9KB)がポップアップします)

blog_ranking_banner.png
「人気blogランキング」に参加しています。
この記事をお楽しみいただけた場合、
よろしければこのバナーをクリックなさってください。
ありがとうございます。
他の方々による「旅行・温泉」カテゴリーのいろいろなブログにも出会えますよ。



りけるけ/LIKELUKEによる姉妹ブログ

LIKELUKE's VIVA LING
言語学と言語教育学、および言語学習に関連するトピックを扱っています。イロカノ語講座もあり。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »