« 台風の爪あと | トップページ | おもてなしに最適、タホン・スープ »

2004/09/25

ミーハーなのは同じ

この5月に大統領選挙のあったフィリピンでは、約2か月という途方に暮れるような泥沼の開票期間を経て、現職のグロリア・マカパガル・アロヨ(Gloria Macapagal Arroyo)大統領が当選した。知名度で肉薄した対抗馬、元俳優フェルナンド・ポー・ジュニア(Fernando Poe Jr.)氏と人気ニュースキャスターで上院議員ローレン・レガルタ(Loren Regarta)氏のコンビを破っての勝利だ。

折りしもその選挙戦の最中、マウンテン・プロビンス州にあるカダクラン(Cadaclan, Barlig, Mountain Province)という村を訪ねた。私の中にあるかすかな長野県の情景を思い起こさせるような、日本アルプス級とはとても言えないながらも四方を山々に囲まれた小さな村だ。州都ボントック(Bontoc)からは、車で険しい山道を6時間のところにある。

ここで一泊したのだが、小さなコテージがいくつかある宿泊施設に泊まった。こんな人里離れた村にこんなこぎれいな施設があるなんて、いったい誰が来るのかと思っていたが、フィリピンでは「夏」休みの4~5月頃のこと、既に雨季が近づいているとはいえ、バドミントンができるほどの小さな集合スペースにある黒板には、今後の宿泊客の予定がぎっしりと書き記してあった。

私は、一番高いところにある見晴らしの良いコテージに泊まった。そして、そこで面白いものを見つけた。数年前にこの村を訪れたというアロヨ大統領とご主人のマイク氏が座って山々を眺めたというイスである。フィリピンに来たことのある人なら一度は見たことのあるはずの黄色いプラスチック製のイスは、盗難防止のためか脇の木にしっかりとくくりつけられていた。黒マジックで乱雑にその「歴史的」事実を書き記してあるのはいかにもフィリピン的ではあるが、普段はアロヨ大統領を含め政治家には歯に衣着せぬ物言いのフィリピン人も、大統領が実際に座ったイスということであれば観光資源の一つになってしまう、というのがわかりやすくていい。

と、このようにうれしげに写真つきで書き込んでいる私自身もその同類であるのは、読者のみなさんが既に看破されている通りである。ちなみにこののどかな山村であるカダクラン村は、北ルソンとりわけカリンガ・アパヤオ(Kalinga-Apayao)州に多いとされる共産ゲリラ対策の一環として、国軍が常駐している村という素顔を持ってもいる。アロヨ大統領の訪問もただの物見遊山ではなかったのだ。ただし、夜中に何かが顔の上を這ったかのように感じたあのコテージに夫妻が実際に泊まったかどうかについては、限りなく自信がない。

photos/cadaclan_001
四方を山々に囲まれたカダクラン村。
中央やや左手に、陽の光を受けて輝く屋根がいくつか見える。
(クリックすると拡大画像(800×600ピクセル:110KB)がポップアップします)

photos/arroyo_001
アロヨ大統領の座ったプラスチック製のイス。
「大統領訪問:2001年12月29日。
グロリア・マカパガル・アロヨ大統領がこのイスに座った」とある。
(クリックすると拡大画像(800×600ピクセル:75.8KB)がポップアップします)

photos/arroyo_003
大統領のご主人であるマイク氏(ファースト・ジェントルマンとある)が座ったとされるイス。同じような口上が書かれている。
(クリックすると拡大画像(800×600ピクセル:69.8KB)がポップアップします)

photos/arroyo_002
村人の表敬を受けるアロヨ大統領。
光を反射してうまく写真を撮らせてくれないラミネートパックに
宿泊施設側の気合いが見て取れる。
(クリックすると拡大画像(800×600ピクセル:59.0KB)がポップアップします)

blog_ranking_banner.png
「人気blogランキング」に参加しています。
この記事をお楽しみいただけた場合、
よろしければこのバナーをクリックなさってください。
ありがとうございます。
他の方々による「旅行・温泉」カテゴリーのいろいろなブログにも出会えますよ。



りけるけ/LIKELUKEによる姉妹ブログ

LIKELUKE's VIVA LING
私の愛する言語学と言語教育学、および言語学習に関連するトピックを扱っています。





このエントリーはBlogWriteによって投稿されました。

|

« 台風の爪あと | トップページ | おもてなしに最適、タホン・スープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24691/1520365

この記事へのトラックバック一覧です: ミーハーなのは同じ:

« 台風の爪あと | トップページ | おもてなしに最適、タホン・スープ »