カテゴリー「97 教科書・辞書・参考書」の2件の記事

2010年5月26日 (水)

推薦図書を追加しました

ごぶさたしています。新年のご挨拶をしたきりになっていました。1-3月、4-5月と、本業の一部である英語教育その他に追われており、ようやく少し自由な時間が取れるようになりました。何度か/も足を運んでくださった皆さんには本当に申し訳ありません。

さて、久々の今回は、サイドバーにイロカノ語学習のための推薦図書を3冊、追加しました。熱心な学習者である皆さんのお役に立てれば幸いです。

私自身の学習も、また少しずつペースを取り戻しつつあります。昨日は250単語ほどを例文とともに書き出し、単語帳を作りました。私は何語でも、だいたい1回書くと覚えてしまうほうですが、さすがに1日に250となると忘れるものも多くなります。ぼちぼちと努力を重ねていきたいと思っています。

マイナー言語の学習は、資料も教材(特に音声教材)も少なく大変ですが、皆さんとともに励まし合いながらがんばっていければと思っています。メールなどもご遠慮なくお送りください。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

Rubino, _Ilocano Dictionary and Grammar_

フィリピン共和国ルソン島北部の共通語であるイロカノ語は、フィリピン国内にて話者数第3位を誇るばかりか、イロカノ族の海外移住に伴いハワイをはじめとする世界各地に話者の多い言語でもある。ハワイ大学マノア校では、イロカノ語講座が初級から上級まで開講されており、ウィキペディアにもイロカノ語版があることにも、その存在の大きさが見てとれる。

775ページからなる本書は、そんなイロカノ語の辞典としては現時点での決定版にあたる。著者のCarl R. G. Rubino(カール・R・G・ルビノ)は、その記述を総合すればアメリカ生まれのフィリピン系アメリカ人であり、カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校で言語学の博士号を取得したイロカノ語の専門家。背表紙の紹介によれば、本書の出版時点においては、アメリカ、ワシントンDCにあるAnswerLogicというソフトウェア会社のSenior Computational Lexicographer(コンピューターを用いて語彙を収集・記述する専門家)とある。

本書も、フィリピン国内で発行されているイロカノ語雑誌や文学作品をはじめとする膨大なコーパス(実例を収集したデータベース)に基づいて編纂されたものである。構成はイロカノ語の発音・文法の概説(85ページ)、イロカノ語-英語(650ページ)、それに英語-イロカノ語(100ページ)の3部構成となっている。発音・文法の概説は、著者の522ページに及ぶ博士論文(A Reference Grammar of Ilocano)(こちらから検索のうえ、入手可)の簡潔な要約にあたる。

言語類型的には著しく形態論的な比重が大きいイロカノ語である。一般の英和辞典のように単語で引くのでなく語根で引くという特徴にさえ慣れてしまえば、これほどの辞典は、近年出版されたものとしては唯一のものであり、まさに現時点での決定版と呼ぶにふさわしい。

この辞典の大きな長所は用例が豊富な点にあり、多くが収集された実例からなっている点にある。収録語(根)数は明記されていないが、簡単に試算してみると、少なく見積もっても20,000以上の語根ないし単語が収録されているように計算できる。そこから無数の派生語が生み出されることを考えると、言語は生き物、辞書は水物とはいえ、初学者から専門家まで、かなりの実用に耐えるものとなっている。

また、公用語のタガログ語や周辺少数言語の同義語なども、完全にとは言えないまでも幅広く収録されている。発音・文法の概説も、さすがに博士論文の要約とあって、かなり踏み込んだ内容となっている。逆に、内容が豊富すぎることと、イロカノ語の言語学的理解が最低限要求される専門性(これは、発音・文法の概説をよく学ぶことによってかなり克服されるが)のために、初学者には敷居が高く思われることもあるかもしれない。その場合には、あるいは旅行者には、同じRubinoによるIlocano: Ilocano-English/English-Ilocano Dictionary & Phrasebookのほうが扱いやすいことであろう(なお、本書と同書のレビューを書いている「りけるけ」は当ブログの管理人でもある)。

惜しむらくは、英語-イロカノ語の部門がおざなりに思われる点である。しかし、この点は、イロカノ語-英語の部門をさらに充実させることによって自ずと補われていくものでもあろう。今後の増補改訂が望まれるところであるが、昨今の経済状況を考えると難しいことかもしれない。

 

Carl R. G. Rubino, Ilocano Dictionary and Grammar: Ilocano-English, English-Ilocano, Pali Language Texts, Philippines (Honolulu, Hawaii: University of Hawai'i Press, 2000)

Banner2_2

人気ブログランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)