« 動詞で学ぼう (3):"ikuyog" | トップページ | 動詞で学ぼう (5):"mangkuyog" ― 非他動詞化 »

2010年5月27日 (木)

動詞で学ぼう (4):"kumuyog" ― ag-動詞、-um-動詞

語幹"kuyog"から生まれる動詞シリーズ、続く動詞は、接中辞"-um-"によって生み出される"kumuyog"です。

"-um-"は、語幹の最初の子音と母音の間に割り込む接辞で、"kuyog"の場合は、最初の子音"k"と母音"u"の間に割り込み、"k -um- uyog"から"kumuyog"になるわけです。これは"agkuyog"と同じく、動作主があれば文が成立するという自動詞で、したがって、<動作主:名詞-中心格/代名詞表現--ak類(絶対格)、(対象(オプション):名詞・代名詞表現-斜格)>というパターンになります。例文は次のとおりです。

Kumuyog ni Juan.(フアンは一緒に行く<名>)

Kumuyog dagiti aso.(犬たちは一緒に行く<名>)

Kumuyog da Maria kenni Jose.(マリアたちはホセと一緒に行く<名-名>)

Kumuyog ni Juan kadakuada.(フアンは彼ら・彼女ら・それらと一緒に行く<名-代>)

Kumuyogta.(私たち(双数:話し手と聞き手の2人)は一緒に行く<代>)

Kumuyogkayo.(君たち・あなたたち・あなたは一緒に行く<代>)

Kumuyogkami kadagiti aso.(私たち(排除)は犬たちと一緒に行く<代-名>)

Kumuyogda kaniana.(彼らは彼・彼女・それと一緒に行く<代-代>)

 

ag-動詞と-um-動詞は、イロカノ語の自動詞の中でも両翼を担うと言っていいほど存在感のある動詞群です。意味的な傾向としてはag-動詞のほうが、動作主の意志によってコントロールのできる動作であり、Rubinoはまた、ag-動詞の時間的な切り取り方(アスペクト)を"durative"とし、動作を一定の時間の幅を持つものとして表現する形であるとしています。

一方、-um-動詞は、どちらかと言えば自発的で、意図的な動作というよりは行為や変化、時間の切り取り方としては、動作を全体として捉える傾向が強いようです。面白い例としては、"uminum"(-um-動詞:um- + inum)(飲む)に対して"aginum"(ag-動詞:ag- + inum)(酒を飲む)などもあります。

教科書ではag-動詞が最初に導入されることが多いですが、実際の使用としては-um-動詞が「クセのない」「より一般的な」自動詞として好まれることが多く、"kuyog"についても、"agkuyog"よりもこの"kumuyog"のほうが一般的に用いられているようです。RubinoのIDGには次のような例文が見られます(p.304)。

Dios ti kumuyog.

(神が共におられますように)
(直訳:(あなたと)一緒に行く方は神だ、神こそが共に行って/同伴してくださる)

Dios:神
ti:<冠詞>中心格
kumuyog:一緒に行く

"kumuyog"は動詞だが、冠詞"ti"がつくことで名詞化される。

 

それでは、皆さんにも"Dios ti kumuyog!"

 

|

« 動詞で学ぼう (3):"ikuyog" | トップページ | 動詞で学ぼう (5):"mangkuyog" ― 非他動詞化 »

01a イロカノ語講座:動詞で学ぼう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動詞で学ぼう (4):"kumuyog" ― ag-動詞、-um-動詞:

« 動詞で学ぼう (3):"ikuyog" | トップページ | 動詞で学ぼう (5):"mangkuyog" ― 非他動詞化 »