« 動詞で学ぼう (2):"kuyogen" (4) ― 代名詞表現の融合(混成)形 (2) | トップページ | 動詞で学ぼう (2):"kuyogen" (6) ― 動作主焦点動詞と対象焦点動詞のまとめ »

2010年5月27日 (木)

動詞で学ぼう (2):"kuyogen" (5) ― 動作主が名詞、対象が代名詞表現の場合

さて、"kuyogen"をめぐる文中要素の組み合わせの最後は、動作主が名詞で対象が代名詞表現の場合です。この場合は、面白いことに、動詞には3人称動作主と当該代名詞表現の融合形をつけ、その後にあらためて動作主の名詞を中心格で表します。例えば次のような例です。

Kuyogennak ni Juan.(フアンは私を連れて行く)

Kuyogennakayo ni Juan.(フアンは君たち・あなたたち・あなたを連れて行く)

Kuyogendaka da Maria.(マリアたちは君を連れて行く)

Kuyogendatayo da Maria.(マリアは私たち(包括)を連れて行く)

 

これらは言わば、融合形で基本的な意味を表しておいて、その後、あらためてきちんと動作主を言うという形になっています。すなわち、「彼・彼女・それは私を連れて行く、フアンが」「彼・彼女・それは君たち・あなたたち・あなたを連れて行く、フアンが」「彼ら・彼女ら・それらは君を連れて行く、マリアたちが」「彼ら・彼女ら・それらは私たち(包括)を連れて行く、マリアたちが」といった形になっているわけです。したがって、動作主をきちんと言うからといって、動詞には対象を表す-ak形だけをつけた次のような例は、そういうバリエーションももしかすると方言などによってはあるかもしれませんが、一般にはしないということになります。

×Kuyogenak ni Juan.(×フアンは私を連れて行く)

×Kuyogenkayo ni Juan.(×フアンは君たち・あなたたち・あなたを連れて行く)

×Kuyogenka da Maria.(×マリアたちは君を連れて行く)

×Kuyogentayo da Maria.(×マリアは私たち(包括)を連れて行く)

 

これは、"kuyogenkayo"と言ってしまうと「私は君たち・あなたたち・あなたを連れて行く」、"kuyogenka"と言ってしまうと「私は君と」となってしまい意味の理解のプロセスが複雑になってしまうこと、"kuyogentayo"では「私は私たち(包括)と」となってしまい、そもそも意味をなさないものとなってしまうということ、などが挙げられるかもしれません。

そういうわけで、まずは、"-nak"などの融合形で動作主と対象を明示しておいて、あらためて動作主を言うというのは、一見複雑に見えて、実際はすっきりと理解しやすいシステムになっていると言うこともできるでしょう。

 

|

« 動詞で学ぼう (2):"kuyogen" (4) ― 代名詞表現の融合(混成)形 (2) | トップページ | 動詞で学ぼう (2):"kuyogen" (6) ― 動作主焦点動詞と対象焦点動詞のまとめ »

01a イロカノ語講座:動詞で学ぼう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動詞で学ぼう (2):"kuyogen" (5) ― 動作主が名詞、対象が代名詞表現の場合:

« 動詞で学ぼう (2):"kuyogen" (4) ― 代名詞表現の融合(混成)形 (2) | トップページ | 動詞で学ぼう (2):"kuyogen" (6) ― 動作主焦点動詞と対象焦点動詞のまとめ »